過去の主な放送

E=mc2 ~アインシュタインと世界一美しい方程式~

初回放送
BShi 2007年2月8日(木)
再放送
BShi 2009年1月26日(月) 午後11時~

今から100年前、アインシュタインは「宇宙の真理」に迫る方程式を導き出した。E=mc2。世界一美しいと言われるこの方程式は、人類の世界観を変えた。この方程式の誕生の背景には、18世紀以降、ヨーロッパの科学者たちが発見した、「質量」や「エネルギー」に関する法則があった。相対性理論はどのように生み出されたのか。番組は、科学の進歩をドラマチックに描いていく知的エンターテインメントである。

番組データ

  • 原題:Einstein's Big idea
  • 制作年:2005年
  • 制作会社:Nova, Darlow Smithson Productions

E=mc2 ~アインシュタインと世界一美しい方程式~

© WGBH International

アインシュタイン26歳。妻ミレーバとささやかに暮らすスイス特許局の技術員であった。職場に希望を見出せないアインシュタインは、一日中、窓の外を走る列車をながめて過ごしていた。そんな彼の脳裏を、ある時ひらめきがよぎる。それは、歴代の科学者が積み重ねてきた発見や法則を集大成するような画期的な世界観だった。E=mc2(エネルギーは質量と光速度の2乗の積に等しい)。今からおよそ100年前の1905年、20世紀最大の発見とも言われる、この法則が導き出されたのである。

歴史を飾った科学者たち~「相対性理論」前史~

相対性理論は、決してアインシュタイン個人の研究とひらめきだけで生まれたのではない。そこには、長い年月にわたる世界の科学者たちの膨大な思索と蓄積が存在したのだ。「電磁誘導の法則」を発見し、エネルギー理論の解明への糸口を見出したファラデー、質量保存の法則に早くから着目し、フランス革命で処刑されたラヴォワジール、電磁波の存在を理論的に予言したマックスウェルなど、アインシュタインの歴史的発明へとつながった数々のすぐれた科学者たち。

難解な題材をドラマ仕立てで魅力的に描き、予備知識のない者もその世界に引き込んでいく。番組は私たちの知的好奇心を刺激し、科学の世界へと導いてくれる。

一覧へ戻る

E=mc2 ~アインシュタインと世界一美しい方程式~ 写真

© WGBH International

E=mc2 ~アインシュタインと世界一美しい方程式~ 写真

© WGBH International