1. ホーム
  2. 地域づくりナビ
  3. コロナ禍でもつながるために【第3回】

地域づくりナビ

コロナ禍でもつながるために【第3回】

コロナ禍でもつながるために【第3回】

2020年9月23日更新

新型コロナウイルス感染症との闘いが長期化するなか、私たちに「もう一つの命の危機」が忍び寄っています。孤独死、虐待、アルコール依存、自殺などが心配されています。
人が集まれないなかで、どのようにして見守りや子ども食堂などの人と人をつなぐ活動を続け、「もう一つの命の危機」から人々を守っていけばいいのでしょうか。「コロナ禍でもつながるために」をテーマに、全国で地域づくりを進める方々とともに話し合いました。
(収録は、2020年5月2日に行われました。)

(第2回はこちら)

スタジオの様子

ゲスト

  • 鎌田實さん(諏訪中央病院名誉院長)
  • りゅうちぇる(タレント)
  • 勝部麗子さん(大阪府豊中市・豊中市社会福祉協議会福祉推進室長)
  • 幸重忠孝さん(滋賀県大津市・NPO法人子どもソーシャルワークセンター理事長)
  • 秋葉祐三子さん(福岡県北九州市・NPOあそびとまなび研究所理事長)
  • 島田憲一さん(埼玉県秩父市・みやのかわ商店街振興組合理事)
  • 司会:山本哲也(NHKアナウンサー)

司会:埼玉県秩父市の商店街のリーダー、島田憲一さんです。今の商店街の様子はどうでしょうか。

島田憲一さん:ひどいものですよ、まったく。どうしていいのかわからないような状況に実はなっています。もう人通りは激減。特に飲食店は最悪ですね。ここで何か工夫をしていかなかったら、やはり大変なことになるという危機感があります。

住民とつながる商店街

感染が拡大する前の、埼玉県秩父市。中心部に、島田さんが暮らす「みやのかわ商店街」があります。島田さんは、金物店の3代目。商店街の活性化に取り組んできました。ここの最大の特徴は、空き店舗がほとんどなく、多くの店に後継者がいることです。
お店に人通りが絶えなかったみやのかわ商店街。こうした賑わいは、島田さんたちが積み上げてきた、地道な努力の賜物でした。商店街にサンバが出現する、ナイトバザール。2か月に1回開かれてきました。歩行者天国の路上には出店が並び、商店主達のアイデアによる手作り企画も人気でした。

地域の人々との絆を深めようと、島田さんたちは次々に活動を展開してきました。商店街が事務局を引き受け、地域に助け合いのボランティアネットワークも作りました。窓ふきや電球の交換など、困っている高齢者を地域ぐるみで助けてきました。さらに、老人ホームを訪ねて、ロビーに「出張商店街」を開設。外出が難しいお年寄りに買い物を楽しんでもらい、喜ばれました。みやのかわ商店街は、地域にたくさん、ファンを増やしてきたのです。

しかし3月26日、埼玉県が外出自粛要請を出します。商店街から人通りが消えました。
そこで島田さんが秩父駅前で始めたのが、商店街の各店舗が作った弁当や、農産物の販売です。名付けて、「コロナに負けるな 助け合いマルシェ」。商店街で窮地に立つ飲食店を支援するため、一つ500円の弁当をつくってもらい、写真を並べて選んでもらいます。そして商品を受け取る前にお金を支払います。こうすれば、店内での人だかりを避けることが出来ます。受け渡しは店内で一人ずつ、互いに離れて行います。毎週一回開いていますが、お弁当はいつも完売の人気です。

島田さん:秩父観光のバス等がすべてキャンセルされて、困っている飲食店などを、なんとか市民で助けてあげる。そんな仕組みを作ろうと思いついたのが「コロナに負けるな 助けあいマルシェ」でした。お客さんの中心である高齢者にとって、アナログが一番いいんですね。ですからチラシを作って、それぞれのお店が「今うちはコロナに対して、こういう注意をはらって商売をしていますよ」と。もう1つは、自分の気概を地域のみなさんに伝えようと。たとえばタクシー会社は「買物代行もしますよ」とか、いろんな飲食店が「うちもテイクアウトはじめました」、そういうことを知らせるためのチラシを作ったわけです。

りゅうちぇる:そういうのが自分の家に届いて、近所の情報がチラシでもらえると、若い世代でもすごく嬉しいし、助かると思うんですよ。しっかり心と心が繋がっているということが、すごく素敵だなって思いました。

島田さん:今、買物するためには必ずスーパーマーケット行かなくちゃならないです。そこでスーパーマーケットに頼んで地元商店の応援コーナーを作ってもらって、買える場所を作ってほしいという交渉を今やっています。そうすればスーパーマーケットに行って買物をしたついでに、「じゃあ今日は、あそこのお店のものを買って帰って家で食べよう」とか、そういうことができるようになってくると思います。

司会:商店街の中でもやっぱり厳しいお店もあると思うんですけれど。

島田さん:廃業したいんだけれど、どうしようかとか、資金繰りですね、日銭でやってきた仕入れができなくなってきた、そんな話をたくさんいただいています。
そういうなかで、うちの町では行政に、こんな時だからこそプレミアム付きの商品券を作ろうと一生懸命訴えています。例えば1万円の商品券を買った時に、1万2千円分の商品券を手に入れることができるようにするんです。つまり2割お得になるわけです。
そういうことがなぜ必要かと言ったら、今は外部から、観光とかでお金を稼ぐことはできません。だから秩父地域の中で、お金をできるだけ多くの所で回して、なんとか経済活動を続けていきたいというふうに思っていますし、そういうお店を助けられる仕組み作りを考えています。

鎌田實さん:いやいや、すごいですね。みやのかわ商店街は、競争の商店街ではなくて、共生する商店街を目指しているところが、どうも1つの哲学を持っているような気がするんですね。コロナを超えて、コロナが収束して打ち勝ったあと、どういう社会が来るかと僕は想像しているんですけれど、分断から連帯への社会になり、競争から共生への社会に変革していくのではないか。みやのかわ商店街は、なにか先取りするように苦しい状況の中でやられている。ここには何か、僕たち日本がこれから生きていく1つの姿を見せてくれているんじゃないかな。そういう意味ではとても勉強になりました。

島田さん:地域がよくなれば、われわれもよくなれる。今回やって本当に思ったのが、住民の気持ちなんですよ。どういうことかと言ったら、「困ったお店があるなら助けてあげたい」って思う住民が、すごくたくさんいるんですね。そういう地域に対する思いやり。それを今回ものすごく感じたんですね。
これはいっぺんにできたものじゃなくて、もう何十年と、この地域の人たちと交流をし、いろんなイベントをやり、繋がってきた。人と人だけじゃなくて、企業や行政も、いま毎週、何百というお弁当を注文してくれているんです。これはまさしく長い間地域でやってきた、その信頼関係そのものだと思っています。

司会:今日同じ時間を共有して、ネットで繋がってみて、あらためて感じたことは。

勝部麗子さん:移動もできなくなっていますので、まず自分の地域とか散歩で歩けるぐらいのところに、意識が移っていくんだろうなって思います。だから、グローバルをずっと考えていたけれど、ローカルがすごく大事だということも、これを機にみんなが考え出すチャンスになるといいなと思うのが1つ。
それから今日、「顔を見て話すってやっぱりいいな」って思ったんですね。いろんな方法を使って、みんなの知恵を集めることをあきらめなければ、きっと乗り越えていけると、みなさんのお話を聞きながら、あらためて感じることができましたし、自分の町をよくしていくことに、これからも努力できるなという可能性も感じました。

幸重忠孝さん:私思うんですけど、子どもの声を聞いて、こういうふうに対策を練ってますとか、政策を打ってます、という話は、コロナが始まってからは、ほぼほぼ聞いてないなと思うんですよね。子どもは本当に置き去りになってるんじゃないか。大人の意見ばっかりでなくて、やっぱり子どもたちが今このコロナのことで何に困ってるのかなということを聞いていくことが大事かなと思ってますね。

秋葉祐三子さん:先ほど勝部さんが言われた、町のなかに関心が向かっているっていうのは子どもにとってもすごくいいことで、子どもっていうのは歩き回れる所でしか育たないので、地域の中でちゃんと子どもがうろちょろできる公園とか、そのへんの道ばたでいいんですけれど、そういうところに地域の人の関心がきちんと戻ってくるっていうのは、これは実はチャンスかなと思っています。

島田さん:やはりピンチはチャンスなんですね、考え方として。ですから、ここで学んだことをこの先に生かすということを心の根底に置いておく。コロナが長引くんだったら、コロナと共生することを根底に考えていく。逆にコロナを利用するぐらいのしたたかさを持つ。頭の中をやっぱりプラス思考にしていかないと、みんなこけちゃったら、このあと大変ですから。こけないように励ましながらやっていくしかないのかなという気がしています。

りゅうちぇる:こういうことが起きて、子育てにおいての国の対応だったり、政治とか教育とにすごく興味を持つきっかけになった親御さんって多いと思うんですよね。本当に自分の中でも、これから自分の国として、しっかりよりよい教育をしてもらえるために、「政治とか分からない」じゃなくて、自分の中でももっと知る努力をしよう、もっと勉強しようというふうに、すごく思いましたね。ありがとうございました。

鎌田さん:そうですね。やはり信頼と寛容。僕たちはなんかとんでもなく大変な状況に落ち込んでしまったわけだけれど、ただ落ち込んで終わりではなくて、この中から何かを僕たちは学んで、ここから立ち上がっていくことがすごく大事なことじゃないかと。
感染症って不気味で怖いんですね。怖いからついつい批判したり、人に悪いレッテルを貼ったりするんですね。そういう社会って、実は感染症に弱い社会。感染してしまった人をますます差別をしていく社会は、弱い社会です。
僕は、ある新聞にこんなことを書きました。都内の有名な大学の医学部の研修医たちが飲み会をしてしまって、10数名、感染をしてしまいました。僕がもし指導医だったら、その感染してしまった、飲み会に出てしまった研修医を全員集めて、「お前らもう医者なんかやめろ、もう1回生き方を変えてみろ」とか言ったあとね、言ったあとに、「だけどな、しっかり自己抑制をして、自主隔離をして、陰性になったらもう1回、命がけでコロナ最前線に出ていって、人々の命を救える医者になれ。人生はいくらでも取り返せるよ」って、その若い研修医たちに言ってあげたいなと思って。
社会が寛容になることって、コロナの時代にいちばん大事なことだと思うんです。批判しあったり責めあったりすることではなくて、お互いが信頼しあう。否定し合わないで信頼をしあっていく時に、僕たちは離れていても繋がることができるんじゃないか。寛容と協調がものすごく大事な社会になってきたんじゃないかなと思います。

司会:今日はみなさん本当にありがとうございました。この番組ではこれからも知恵と工夫でコロナウィルスに向き合う方たちを支援していきます。もしみなさんの身近なところにも知恵、あるいは工夫がありましたら、ぜひメールで、あるいはお便りでお寄せいただきたいと思います。