1. ホーム
  2. 地域づくりナビ
  3. 意外な場所から始まる“つながり”

地域づくりナビ

意外な場所から始まる“つながり”

意外な場所から始まる“つながり”

2017年11月16日更新

地域に拠点がない?
周りをよく見渡せば、可能性はいろんなところに隠れています。

薄れつつある人と人とのつながりを、なんとか作り出そうと苦労している地域は多いのでは。交流サロンやコミュニティカフェなどの取り組みは各地でよく行われていますが、今回は、ちょっと意外な場所で生まれている「つながり」にスポットをあててみましょう。

空きスペースで…

団地のみんなが集まってくるのは、商店街にある空きスペース。この空間では、住民同士が持ち込んだものを物々交換するだけでなく、持ち込んだものでイベントをしたり、時には居酒屋が出現したり。誰もがふらっと立ち寄れて、ゆる~く交流できる場所です。

モノと人々が集まる物々交換所

自宅で…

近所に適当な場所がないなら、自宅を使ってみては。堺市では、住民のうち約30軒が自宅を開放して、マージャン教室やお琴の講座などの活動をしています。これなら、外出が難しい高齢者でも、近所との交流が途絶えることはありませんね。

お年寄りの自宅を開放した「住み開き」で支え合い孤立を防ぐ

学校で…

学校を、子どもたちだけが集まる場所にしておくのはもったいない。この地域では、大人たちが学校に集まって、さまざまなサークル活動を楽しんでいます。子どもたちも、親や先生だけでない、地域のさまざまな大人たちと関わりながら、幅広い体験を通して学習していくことができます。

学校は街のみんなの社交場

介護施設で・・・

こちらの特別養護老人ホームには、利用者だけでなく、多くの住民たちが集まってきます。住民たち自身の自主的なアイデアにまかせるボランティア活動は、施設を飛び出し、地域全体のお年寄りの生活をささえるまでに発展してきました。

住民ボランティアを活用し地域ぐるみで介護を支える

お寺で…

お寺は葬式の時だけに関わる、できれば行きたくない場所?でもこのお寺には、地域の人たちが毎月楽しむためにやってきます。人々の苦しみによりそい、国際ボランティア活動にも関わってきた住職の高橋卓志さん。地域の暮らしを支えるお寺として、さまざまな活動を展開しています。

地域で生老病死をケアするお寺

どんな場所でも、人々が自由に交流できれば、地域の中につながりを作り出し、人々の生活をささえる拠点になることができるんですね。先入観にとらわれず、つながり始める場所を探してみませんか?