1. ホーム
  2. 地域づくりナビ
  3. 地域の中で回るサイクルを生み出そう

地域づくりナビ

地域の中で回るサイクルを生み出そう

地域の中で回るサイクルを生み出そう

2017年6月23日更新

地域の中にある資源を循環させることで、
豊かで自立した地域を作っていくことができます。

食べものをはじめ、私たちの生活に必要なモノたちは、自然の中で長い時間をかけてできた資源から作られています。
しかし「より多く、より早く、より安く」を目指す経済の中で、自然が再生する間もないほど資源をどんどん消費してしまった結果、今では私たちは、衣食住のほとんどを輸入に頼るようになりました。
もういちど地域の中にある資源に目を向けて、より自然に近い位置で生活と産業を営んでいくことは、外の資源に頼らない自立した地域を作ることでもあります。そこでキーワードになるのが「地域内循環」。文字通り、地域の中にサイクルを生み出して回し続ける(リサイクル)という意味です。
家庭から始まる小さなサイクルから、地域全体を巻き込むダイナミックなサイクルまで。各地で生まれた循環のはたらきを見てみましょう。

まずは畑と台所から

小さなリサイクルの輪は家の台所から。お金をかけて生ごみを処理するのでなく、堆肥にして畑に戻すと、安心で美味しい有機野菜になって、台所に帰ってきてくれます。

市民と農家でつくる生ごみ堆肥の地域内循環

畑とつながる学校は楽しい

家庭と畑のサイクルができるなら、もちろん学校と畑のサイクルも。勉強と給食がつながり、子どもたちも楽しそうです。

子どもたちがたい肥を作り育てた「のらぼう菜」給食

食のサイクルにエネルギーも

埼玉県小川町では、家庭と農家をつないで回る食べもののサイクルに、さらにエネルギーのサイクルも加わりました。台所からの廃油が、農家でトラクターの燃料に。商店や企業も加わって、環境と調和し、自立した地域が生まれています。

食とエネルギーを地域で自給・循環

森林・エネルギー・人のサイクル

地域に眠る資源の中でも、最も活用されていないのが森林です。安い輸入木材に押されて、せっかく育った木が利用されず、荒れ果てた森林が各地で増えています。そんな中で、森林を生かして地域にダイナミックな循環を生み出しているのが、高知県の梼原村。風力発電で生まれた資金で森林を整備。活性化した林業はさらにエネルギーを生み、農業にも活用されています。エネルギーの地域自給100%を目指して動き出した地域には、若い人たちが働く場も生まれています。

林業を利用した再生可能エネルギーで地域を元気に

地域の環境は、快適で健康な暮らしのためにも大切ですが、ただ保護する対象でもありません。資源として守りながら活用することで、地域の中のさまざまな資源や人を結びつけ、ゆっくりとでも豊かで大きなサイクルを生み出していくことができるんですね。