1. ホーム
  2. 地域づくりナビ
  3. 「あるもの探し」のススメ

地域づくりナビ

「あるもの探し」のススメ

「あるもの探し」のススメ

2017年1月31日更新

工場誘致など外の力に頼るのではなく、“地域にあるもの”を生かそうという動きが広がっています。

私たちはつい「ないものねだり」をしがちです。自分の「身近にあるもの」は、当たり前過ぎて“有難み”を感じにくいものです。でも本来は「自分にしかないもの」あるいは「自分の身近にあるもの」こそが、本当の“強み”や“宝”になるのではないしょうか。
ここではまず、これまで見向きもされなかったり、忘れ去られていた「食材」などを改めて見直すことで、貴重な地域の宝を作り上げていった例を、地域づくりアーカイブスの動画からご紹介します。

やっかい者を貴重な地域資源に!

広島県福山市の内海町。うろこが厚くて骨の多いボラは、市場では見向きもされない魚でした。しかし定置網で大量に獲れることから、漁協の女性部がボラに目を付けました。小骨ごとすり身にし、改良を重ねてコロッケにしたフィッシュバーガーが子どもたちに大人気になりました。

「やっかい者のボラが給食で大人気」~広島県福山市~

忘れられた郷土食を見直す

宮崎県日南市では、戦中戦後の食糧難の時期、身近で獲れるトビウオなどの新鮮な魚をすり身にして、うどんのようにゆでる“魚うどん”という郷土食がありました。一旦は忘れ去られた「魚うどん」ですが、子どもたちの魚離れを何とかしようと、漁協の女性たちが復活させました。今や日南市を代表する“ふるさとの味”として注目されています。

「戦中の食糧難で生まれた「魚うどん」が給食に」~宮崎県日南市「魚うどん」~

この他にも、自分たちの身近にある食材に着目し、特産物を開発、「貴重な財源」にすることに成功、全国的に注目されている地域もあります。独自の地域づくりで有名な島根県海士町です。

島にあるもので特産品開発

人口2300人あまりの島根県海士町。島の経済は、以前は港湾整備などの公共事業に大きく依存していました。平成11年までに積み上がった借金は102億円。財政破綻を目の前にし、町は島にあるものを使って新たな特産品を作ることにしました。それが地元の海でふんだんに獲れる「さざえ」を使った「さざえカレー」です。「さざえカレー」の成功によって、海士町は財政破綻からの回復を果たしました。

「ないものはない 財政破綻からのV字回復」~島根県海士町「さざえカレー」~

自分にしかないもの、自分の身近にある物の良さに気付くこと。これを「ないものねだり」に対して、「あるもの探し」と言います。「あるもの探し」をしてみると、何の変哲もないと思われていたものが“宝物”として輝きだします。身近にある“ありふれたもの”が、他にはない“かけがえのないもの”であることが分かるのです。
続いては、高齢化と過疎化に悩むある地域が、自分たちの足元の「あるもの探し」を始める過程を取材した動画です。

「あるもの探し」で地域が元気になる

熊本県山都町大野地区。地区の中心だった小学校も閉校となり、住民たちは危機感を募らせていました。しかし改めて地区を歩いてみると、“豊かな湧水”、“新鮮な野菜やブルーベリー”、“たくましく暮らす個性的な人たち”など、さまざまな「宝」が見えてきました。「あるもの探し」がきっかけになり、地域を元気にしていこうという機運が生まれてきます。

地元学で地域を元気に【1/3】地域の宝を探そう ~熊本県山都町大野地区~

地元学で地域を元気に【3/3】動き出した地域づくり ~熊本県山都町大野地区~

最後に紹介するのは、東日本大震災に伴う原発事故によって、“放射能汚染による避難”と、それに伴う“人口減少”という、これまでにない経験を強いられた地域の動画です。厳しい現実の中、自分たちの足元の「あるもの探し」をすることで、状況を乗り越えようとしています。

「あるもの探し」で放射能汚染を乗り越える

福島第一原発事故の放射能の影響で、福島県川内村では避難から村に戻った住民は6割となっています。もう一度地域のまとまりを取り戻すために住民が着目したのが、古来から代々続く川内村の“餅”文化でした。餅には放射性セシウムがほとんど残らず、問題ないことを知った住民たちは、村で獲れたもち米をついた餅を1700個作り、遠い町の仮設住宅で避難生活を送る住民にも配りました。

住民同士をつなぐふるさとの餅 ~福島県川内村~

私たちは、つい「ないものねだり」をしがちです。「他の人にはあるのに、自分にはないもの」を手に入れるために、お金や時間を費やします。しかしお金や時間をかけなくても、「自分にしかないもの」、「自分の身近にあるもの」が、他から見たら立派な“宝物”であることも多いのです。それは何も特別な地域や、有名な場所だから見つかるのではありません。どこの地域にもきっとあるものなのです。