1. ホーム
  2. 地域づくりナビ
  3. お金は地域を回すためにある

地域づくりナビ

お金は地域を回すためにある

お金は地域を回すためにある

2016年11月21日更新

お金は地域を回すためにある

お金を稼ぐために長時間働き、将来の不安に備えてせっせと貯金。自分がお金にふり回されていると感じている人も、現代社会には多いのではないでしょうか。でも本来お金とは、人間の幸せを実現させるためのツールの一つであったはず。さまざまな人たちの異なるニーズや活動を結びあわせ、資源をうまく回していくための手段だったはずです。
消費や利益のためではなく、地域の課題解決のために、幸せのツールとしてお金を生かしている取り組み例を、動画で見てみましょう。

ふるさと納税は使い方しだい

最近では返礼品競争の行き過ぎが問題になっている「ふるさと納税」。その一方で、ふるさと納税の制度を使って、地域を超えて人々の思いをつなぐことができて、集まったお金以上の価値を生み出すこともできる、そんな取り組みが進んでいる町があります。
埼玉県宮代町がこのプロジェクトのために募ったお金は500万円。実現した都会の貴重な雑木林は、お金には代えがたい価値を地域にもたらしています。

ふるさと納税で雑木林を整備

さらにこちらの北海道東川町では、地域の外の人たちにも関わってもらいながら長期的な町づくりを進めていくために、ふるさと納税を利用しています。お金とモノを一度交換して終わりではなく、関係を育てていく種にもお金はなるんですね。

ふるさと納税で長期的な町づくり

人をつなぎお金をまわす

地域課題に取り組むNPOにはお金がなく、一方、寄付によって社会に貢献したい企業や市民はどこに寄付をしていいかわからない。そんなときに両者をつなぎ、お金を必要なところに流すしくみが「市民ファンド」です。地域の課題を解決するために、それぞれができるやり方で、同じ目標のために協力しあう関係が生まれています。

NPOと市民・企業をマッチングする市民ファンド

市民がつくる銀行で地域の課題解決

ふつうの銀行が事業への融資を決める基準は、利益が出るかどうか。でもこの銀行が注目するのは、地域課題の解決にいかに取り組んでいるかです。お金を増やすことを目的にしない銀行は、地域の中でお金を生かすことで、より大きな価値を生み出すことができるんです。

NPOバンクの支援で重度障害児のためのデイサービスを開設

お金を地域の外に出さずに内部で回す

お金が必要なときに、借りるという手段もありますが、自分たちで工夫して、お金を生み出している地域もあります。多くの場合、地域活性化に向けた活動をしたくても資金は不足しがちで、簡単には貸し手も見つかりません。
そうした課題を見事に乗り越えたのがここ、岐阜県郡上市の石徹白(いとしろ)地区です。エネルギー自給に踏み切ったメリットは、これまで電力会社に支払っていた1200万円の節約にとどまりません。売電収入を得て、それまでは外部に流れ出していたお金を地域の内部で循環させることで、食糧生産や人の流れにも変化を生み出していったのです。

集落存続への再生可能エネルギー

経済評論家の内橋克人さんは、現在のマネー資本主義は、人がよりよく生きて暮らすためではなく、お金がお金を生み出してどんどん増殖するためのシステムになっていると批判しています。(インタビュー記事「いまこそ「人と人とが共生する経済」への転換を。」
お金本来のあり方を求めて、地域の中にある資源と人々の活動を効果的につなげるための潤滑油としてお金を生かす。その動きはすでに、さまざまな地域の中で始まっています。

さらに関連動画を見る  ・NPOバンク