1. ホーム
  2. 地域づくりナビ
  3. 「ひとりきりじゃない」が地域を元気にする

地域づくりナビ

「ひとりきりじゃない」が地域を元気にする

「ひとりきりじゃない」が地域を元気にする

2016年11月21日更新

多様な人を抱えてこその地域。
まずはつながることから地域の新たな一歩が生まれるはず。

ひきこもり、孤独死、ごみ屋敷……。
地域のつながりが薄れる中、そうした縁も絶って埋もれて行く人々と地域はどう向き合っていけばいいのでしょうか?「NHK地域づくりアーカイブス」で紹介しているユニークな事例には、きっと解決のヒントが埋もれているはずです。いくつかの例から明るい地域の未来像を探ってみましょう。

本当に困っている人を支えるのは誰?

大阪のベッドタウン・豊中市。ここで声なきSOSをキャッチし、解決するのがコミュニティソーシャルワーカー・勝部麗子さんです。
アーカイブスでは「プロフェッショナル 仕事の流儀」が捉えた勝部さんの活動の一端を見ることができます。彼女が足しげく通うのはごみ屋敷と化したアパートの一室。勝部さんはどのようにして住人と接触し地域との接点を作っていくのでしょうか?

“富山型”共生モデルをご存知ですか?

国から初めて助成を受け全国に広まった“富山型”共生デイサービス事業。
特徴はそれまで別々の施設で過ごしてきた高齢者・障害者・幼児を同じ施設で受け入れること。
それぞれに担当する行政部課が異なり、助成を受けることができなかったのですが、富山市の民間デイサービス施設「このゆびとーまれ」の取り組みが認められ、共生ケアの可能性が広がりました。
「NHK地域づくりアーカイブス」では当時の施設の奮闘ぶりを見ることができます。
高齢者と幼児のにこやかな触れ合い、勤務する障害者の生き生きとした姿など、あるべき共生社会のヒントが満載です。

共生ケアは地域を変える 富山型デイサービス

都市部に住み続けたいけど老後の不安がいっぱい

都市部でやっと手にしたマイホーム。人間関係もでき、買い物など慣れた環境で老後を過ごしたい。
その一方で核家族化して身寄りは少なく、大介護時代を安心して過ごせるかは不安です。
東京都日野市では築50年の団地を高齢者向けにリフォームし、介護事業所も併設させてニーズにこたえる取り組みが始まっています。

団地をリフォームして高齢者が安心して暮らせる住宅に

空きスペースでつながり作り

団地ではほかにもユニークな活動が…。
埼玉県北本市の団地では空き店舗スペースを利用して、住民が家具や古着・雑貨を持ち込み物々交換することで人々のつながりつくりに取り組んでいます。
スペースでは様々なイベントが開かれ、認知症でひきこもりがちなお年寄りにもきちんと活躍の場が用意されています。

モノと人々が集まる物々交換所