2019年04月25日 (木)

「鶴舞う形の・・・」

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

タイトルの「鶴舞う形の・・・」を見て「群馬県」と答えた方は、私と同郷かもしれません。

この説明をすると長くなりそうなのですが・・・

群馬県には、県民のほとんどが知っていると言われる「上毛カルタ」というものがあります。

その札の一つが「鶴舞う形の群馬県」なんです。

他県の人から見たら、「え?カルタ?」「なんで鶴なの?」と疑問だらけだと思いますが、

群馬県にゆかりのある人なら、あたり前すぎる話題なのです。

 

県によって、その県ならではの文化ってありますよね。

最近では、県民性をテーマにしたテレビ番組や映画などを目にすることも多くなりました。

 

その「県」の誕生に関わる「廃藩置県」が、次回の知恵泉のテーマです。

 

haihan.jpg

 

 

 

 

 

ご来店は・・・

早稲田大学教授の片山善博さん

タレントの光浦靖子さん

東京大学史料編纂所教授の山本博文さんです。

 

かつて総務大臣や鳥取県知事を務めた片山さんが、中央と地方の両方の立場を知る身として、廃藩置県の知恵を読み解きます。

 

2週にわたってお送りします。是非ご覧下さい!

(1週目は、平成最後の知恵泉、そして2週目は、令和最初の知恵泉です!)

 

投稿者:店主 | 投稿時間:12:26 | 固定リンク


  
2019年04月01日 (月)

毒舌店主とよばれて

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

どこかで聞いたことがあるタイトルに寄せてみましたが・・・

そんな風に呼ばれてみたいという憧れでもあります。

 

ただ口が悪いという意味ではなく、みんなが思っていることを、声を大にして言える人ってかっこいいですよね。

 

次回の知恵泉は、そんな、多くの人が腹の底で思っていても口に出せないことを言ってのける姿勢が多くの人に愛された、立川談志が主人公です。

 

なぜ、立川談志は常識にかみついたのか、そして、その毒舌に込められた弟子への教育術とは・・・。2回にわたってお送りします!

 

danshi.jpg

 

 

 

 

 

今回のご来店は・・・

バカリズムさん、室井佑月さん、そして立川談笑さんです。

 

クールな芸風のバカリズムさんは、ワイルドな談志の人生をどう読み解くのか。

そして、お弟子さんならではのエピソードも、談笑さんにたっぷり語っていただきます。

 

是非ご覧下さい!

 

投稿者:店員 | 投稿時間:15:49 | 固定リンク


  
2019年03月21日 (木)

変換ミス?

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

パソコンで文書を作っているとき、変換ミスってありますよね。

知恵泉では“店主”の私。

常連のアナウンサーに聞いた話なのですが、番組の企画書などを作る時、

「放送では~こんなことを取り上げて・・・」と書こうとして、「法曹では~」と誤変換されることがあるそうです。

 

放送と法曹。

音は同じでも、だいぶ意味の違うこの言葉。

 

ところが次回の知恵泉は、放送にも法曹にも関わりのある方がゲストです!

 

 

chieizumibuchi.jpg

 

 

 

 

 

写真左に写るのは、元フジテレビアナウンサーで、現在は弁護士として活躍する菊間千乃さん。

まさに、放送界から法曹界へ転身を遂げた方です。

 

そんな菊間さんが知恵を読み解く、次回の主人公は、

女性初の弁護士となった3人のうちの1人であり、女性初の裁判所長にもなった三淵嘉子です。

 

2回にわたってお送りしている「道を開いた女性たち」。

前回に引き続きご来店の、大久保佳代子さん、大阪大学大学院人間科学研究科教授の木村涼子さんとともにお伝えします。

 

是非、ご覧下さい!

投稿者:店員 | 投稿時間:15:33 | 固定リンク


  
2019年03月15日 (金)

スポーツテスト

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

小学生のころ、体育の授業で「スポーツテスト」がありましたよね。

運動が苦手だった私は、これといっていい記録が出ることもなく・・・。

苦い思い出しかありませんでした。

 

次回の知恵泉は、子供のころからスポーツの才能を発揮した人が主人公です。

2回にわたって「道をひらいた女性たち」をテーマにお送りします。

1回目の19日は、日本女性初のオリンピックメダリスト・人見絹枝です。

 

女性がスポーツをすることに強い偏見があった時代に、それを打ち破った人見絹枝の知恵に迫ります。

 

bloghitomi1.jpg

 

 

 

 

 

ご来店は・・・

有森裕子さん、大久保佳代子さん、大阪大学大学院人間科学研究科教授の木村涼子さんです。

人見と同じく女性メダリストの有森さんには、人見との不思議な縁がありました。

 

是非、ご覧下さい!

投稿者:店員 | 投稿時間:13:30 | 固定リンク


  
2019年03月08日 (金)

壊れてしまった懐中電灯

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

こう見えて、小さい頃から家電が好きな私。

特に番組でそんな話をしたことはありませんので、どうも見えていないと思いますが、家電好きなんです(笑)

 

子供のころ、懐中電灯をマイク代わりにして歌番組を見ていたのですが、その懐中電灯がどうして光るのかが知りたくて、壊したことがあります。

しかも何個も・・・そして、元に戻すこともできないのに。

 

次回の知恵泉の主人公・井深大も、子供のころ、親戚の家の目覚まし時計を壊しては元に戻せず、「壊し屋・大ちゃん」というあだ名がついたそうです。

この事実を知ったとき、妙な親近感を覚えました。

 

井深はその後、ソニーという巨大電機メーカーを作りますが、私もあのとき、懐中電灯ではなく目覚まし時計を壊していたら、人生は変わっていたのでしょうか・・・

 

冗談はさておき、次回の知恵泉では、そんな井深大がどうやってチームをまとめあげ、世界的ヒット商品を生み出していったのかに迫ります。

 

blogibuka.jpg 

 

 

 

 

今回のご来店は・・・

アート集団「チームラボ」代表・猪子寿之さん、中川翔子さん、経済ジャーナリストの片山修さんです。

 

blogibukatomimotopd.JPG

 

 

 

 

 

今回の知恵泉を制作したのは、普段は宇都宮放送局で番組制作に携わっている冨本修司ディレクターです。

現在はディレクターですが、20数年前、放送業界に入った頃は、報道カメラマンのアシスタントとしてスタートし、その後、中継現場で技術の仕事なども担当してきたそうです。

技術者の視点も持つ冨本ディレクターが作る、ソニーの創業者・井深大の知恵泉です。

投稿者:店員 | 投稿時間:16:49 | 固定リンク


  
2019年02月28日 (木)

お・も・て・な・し

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

かつて多くの人が真似をしたのではないかとも思う「お・も・て・な・し」。

東京オリンピック招致のプレゼンテーションで使われた、あの言葉です。

この言葉が話題になったのは2013年。月日が流れるのは早いですね。

 

ところが、そのおもてなしの「心」は、日本人が昔から大切にしていたのかもしれません。

次回の知恵泉は、幕末の外交において、日本人が「おもてなし」によって外国人と向き合ったいくつかの事例を紹介しながら、現代にも通じる「おもてなしの極意」をご紹介します。

 

blogbakumatsuomotenashi.jpg

 

 

 

 

ご来店は、

リゾート会社代表の星野佳路さん、サヘル・ローズさん、下田開国博物館館長の尾形征己さんです。

 

星野さんが運営するホテルの中には、宿泊者比率の半分以上を外国人が占めるところもあるそうです。

多くの外国人の心をつかんできた星野さんに、幕末のおもてなしを読み解いていただきます。

 

 blogbakumatsuomotenashiyamane.jpg

 

 

 

 

 

今回の知恵泉を制作したのは、静岡放送局の山根拓樹ディレクターです。

入局3年目。NHKに入局して最初に配属になったのは、東京のドラマ班。大河ドラマ「真田丸」や「おんな城主 直虎」にも関わったそうです。

静岡放送局へ異動してからは、それまでの経験をいかして、地域発ドラマの制作や、ドキュメンタリー番組の制作を担当してきました。

今回は、「番組内での『再現ドラマ』にも注目して欲しい」と話していました。

投稿者:店員 | 投稿時間:18:37 | 固定リンク


  
2019年01月31日 (木)

チームをまとめ大きな仕事を!

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

「チームをまとめ大きな仕事を!」って目標に掲げられがちですが、いざやろうとしても難しいことってありますよね。

 

そんなあなたに送る次回の知恵泉。主人公は建築家・丹下健三です。

 

1964年の東京オリンピックでは、国立代々木競技場第一体育館を設計。日本ならではの伝統的寺院をモチーフにした大屋根を含めた斬新なフォルムは、多くの人たちの心に深い印象を刻みました。

また、1970年の大阪万博では、会場のマスタープランを担当。あの太陽の塔を囲む大屋根を建設し、日本の技術力を世界に知らしめました。

海外でも、サウジアラビア皇太子の宮殿やイタリア・ナポリ市の新都心開発など、巨大プロジェクトを次々と手がけてきました。

 

数々の大仕事をどう成功に導いてきたのか、2週にわたってその知恵を読み解きます。

 

blogtange.jpg

 

 

 

 

 

今回のご来店は・・・

PR/クリエイティブディレクターの三浦崇宏さん、タレントの渡辺満里奈さん、千葉大学准教授の豊川斎赫さんです。

投稿者:店員 | 投稿時間:16:20 | 固定リンク


  
2019年01月18日 (金)

ん~まずいっ!

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

「ん~まずいっ!」と聞くと、悪役でおなじみの八名信夫さんの姿を思い出します。

歴史居酒屋「知恵泉」にお越しのお客さんからは、言われたくないセリフですが・・・。

 

さて、次回の知恵泉は「悪役」がテーマ。題して「ヒールの言い分!」です。

歴史上、ヒール、つまり悪役と言われる2人を取り上げます。

 

1週目の1月22日は、室町幕府6代将軍「足利義教」です。

その悪行は数知れず。

旅先で出された料理がまずかったから・・・と、調理係を惨殺してしまうほど。

そこで「ん~まずいっ!」と言ったかどうかはわかりませんが(笑)

義教は、なぜそんなことをしてしまったのか?

 

2週目の1月29日は、時代劇でもおなじみの悪人、戦国武将「松永久秀」です。

久秀の三大悪事として「主君殺し」「将軍殺し」「東大寺大仏殿の焼き討ち」が伝わっていますが、果たして本当のことだったのでしょうか?

 

彼らの「言い分」を、反面教師として探っていきます。

また、近年の研究でわかってきた、彼らの「新たな一面」も含めてお伝えしていきます!

  

blogakuyaku.jpg

 

 

 

 

 

 

 今回のご来店は・・・

左から、神田松之丞さん、村井美樹さん、清水克行さんです。

 

今、一番チケットが取れない講談師と言われる神田松之丞さんが、“ヒール”達の言い分をどう読み解くのか、是非、ご覧下さい!

投稿者:店員 | 投稿時間:13:20 | 固定リンク


  
2018年12月28日 (金)

代替わりしたのに・・・

こんにちは。4代目店主・新井です。

私、知恵泉4代目店主に就任して、まもなく1年がたとうとしています。

 

blogkaigen1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、3代目の二宮アナウンサーの酒瓶も店内に置かれ、

すっかりお店は私の代になったのだと思っていました。

 

ところが、店内にこの人の姿が・・・。

 

blogkaigen2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかで見たことがある後ろ姿・・・。

1メートル80センチを超えるであろうこの身長・・・。

 

まさか・・・。

 

代替わりしたはずなのに・・・あの人が帰ってきた!?

 

blogkaigen3.jpg

 

 

 

 

 

次回、平成31年1月1日・元日の夜10時から放送する知恵泉は“大新年会!”

「いろいろあったね!歴代改元」と題して、改元をテーマにお伝えします。

 

ご来店は、写真前列左から、

石田衣良さん、橋本大二郎さん、川田裕美さん、京都産業大学准教授の久禮旦雄さんです。

 

昭和から平成に変わる「あの時」、NHK社会部記者として取材にあたっていた橋本大二郎さんが、

今だから話せるエピソードも明かします!

 

そして後列、私の右隣にいるのは・・・知恵泉初代店主・井上二郎アナウンサー。

そうです。先ほどの後ろ姿は、井上アナウンサーだったのです。

初代店主がどんな形で登場するのかも、こうご期待です!

 

日本で元号が導入されてから1300年あまり。歴史の折々に行ってきた「改元」に、

先人達はどんな思いをこめたのか。その知恵に迫ります!

投稿者:店員 | 投稿時間:11:32 | 固定リンク


  
2018年12月18日 (火)

自分、手先が不器用ですから・・・

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

最近、取れかけたボタンを付け直そうと針に糸を通そうとした時、目のピントが合わず、糸を通すのに初めて苦労しました。

 

これは、手先が不器用というより、単なる老眼の始まりなのでしょうか。

今までそんなことはなかったことを考えると・・・やはりそういうことなのでしょうか。

 

という悩みが最近多くなりました。

 

さて、次回の知恵泉の主人公は、手先が器用なだけではなく、その器用な手先からアイデアあふれる製品を次々と生み出した発明家・田中久重です。

 

私のスマートフォンのアルバムを見返していたら、こんな写真がありました。

 

blogtanaka1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年、私が福岡放送局に勤務している頃、取材で福岡県久留米市を訪れると、駅前に大きなからくり時計がありました。

郷土の偉人、田中久重の生誕200年を祝って作られたものです。

 

田中久重の原点は、からくり人形。

江戸時代、「からくり儀右衛門」と呼ばれ、天才的なアイデアと卓越した技術で人々を驚かせました。

その後、「アイデアあふれるものづくり」で人々の悩みを解決する製品を次々と開発。

ついには、国産初となる実用の蒸気船までも建造することになります。

 

人々を喜ばせるものとは何なのか。

技術力に限界を感じたとき、足りないものとは何なのか。

様々な課題を克服していった田中の知恵を読み解きます。

 

今回のご来店は・・・

 

blogtanaka2.JPG

 

 

 

 

 

タレントの麻木久仁子さん

金属加工メーカー代表取締役の浜野慶一さん

国立科学博物館産業技術資料情報センター長の鈴木一義さんです。

 

是非、ご覧下さい!

投稿者:店員 | 投稿時間:23:00 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top