2017年12月

2017年12月21日 (木)

謎の「〇〇〇」

すっかり寒くなってきましたね。

この時期美味しいものといえば、

やっぱり〇〇〇ですよねぇ。

煮ても、焼いても、

あ、今の季節なら鍋に入れても合いますよねぇ、〇〇〇は。

口に入れた瞬間、一気に広がる〇〇〇のうま味。

いやぁ、最高だなぁ、〇〇〇は。

 

最近、このブログには「〇」がよく登場しますが、

皆さんは、何を思い浮かべましたか?

「〇〇〇」。

それぞれに思い浮かべるものがあったと思います。

 

これ、何かというと、

あの坂本龍馬の、

“秘策”なんです。

 

坂本龍馬といえば、

「日本の夜明けぜよ~!!ガッハッハ~」と豪快に笑う快男児、

といったイメージが強いですよね。

しかし、一方で、

交渉事などでは、ハッタリや情報操作もお手の物。

「〇〇〇」も龍馬の巧みな策の一つなのです。

 

次回の知恵泉は、

そんな坂本龍馬のちょっと危ない交渉術に迫ります。

 

RYOMASTUDIO2.jpg

 

 

 

 

ご来店は、

国際交渉人の島田久仁彦さん、

ビビる大木さん、

漫画家の黒鉄ヒロシさん。

 

今年、没後150年の坂本龍馬の、

怪し~い魅力をたっぷり味わいます。

投稿者:店主 | 投稿時間:13:45 | カテゴリ:番組予告 | 固定リンク


2017年12月16日 (土)

"超人"に憧れて

“超人”

普通の人とはかけ離れたすぐれた能力を持つ人

 

いつか、そう呼ばれたいと、

憧れますよね。

 

世の中にはどんな超人がいるのか、

有名な世界記録の本(2017版)をのぞいてみると、

いますいます、超人たちが。

 

ほんの一例ですが、

・1分間になめた切手の最多数 … 70枚

・顔にくっつけたスプーン最多数 … 31本

・30本の色付き傘を傘立てに仕分けた最速タイム … 43秒01

・卓球球3個を口から吹き出してキャッチした最多数 … 76回

・馬に引っ張られた最長記録(全身を燃やしたまま) … 500m

・人間が矢となって跳んだ最長距離(全身を燃やして) … 31.87m

・燃えながら水へ飛び込む最も高いバンジージャンプ … 65.09m

 

なぜその記録に挑戦しようと思ったの?と疑問を抱きつつ、

よくまぁこんなに体を燃やしたがる人がいるもんだと思いつつ、

(一応、注意しておきますが、絶対に真似はしないで下さい。)

やっぱり、すごいですね。

私には、絶対にできません。

ほんと、超人です。

 

次回は、

この世の全てを知ろうとした天才学者、

南方熊楠。

「知の巨人」「日本人の可能性の極限」とも言われた、

まさに超人です。

熊楠はいかにしてその天才性を発揮することができたのか。

 

STUDIO.jpg

 

 

 

 

 

さかなクン、中川翔子さん、南方熊楠顕彰会の田村義也さんとともに味わっていきます。

 

実は、私も“超人”に憧れて、

あることに挑戦しています。

一体何か、

放送をご覧下さい!!

投稿者:店員 | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:番組予告 | 固定リンク


2017年12月08日 (金)

長生きすれば何でもできる!!

「人生80年」とよく言われます。

私が今33歳なので、あと50年ほど。

 

それまでにやりたいこと、いろいろありますねぇ。

 

・富士山に登る

・落語を一席覚える

・フルマラソンに挑戦する

・逆立ちで50m歩けるようになる

・プロレスのリングアナウンサー

・映画「ゴッドファーザー」に出てくる、

 イタリア・シチリア島のコルレオーネ村へ行く

・サックスの腕を上げ、ライブで演奏し、

 その姿を孫に見せ、感動させる。 

 

などなど、数え上げればきりがありません。

やりたいこと多すぎて、

50年でも足りるかちょっと心配になっちゃうぐらいです。

 

それなら!!

人生「80年」といわず、「125年」にしちゃえ!!

と、

「人生125歳説」をぶち上げた人物がいます。

 

大隈重信

 

海外の医学研究を独自に解釈して、

「人間は健康でさえあれば、125歳まで生きられるはずだ!」

と言い出し、

70歳を過ぎても、精力的に様々な活動を行って、

国民的な人気をどんどん集めていきました。

 

そんな大隈重信の人気者になるための知恵を味わいます!

 

OKUMA.jpg

 

 

 

 

ご来店は、

テレビ通販でおなじみの髙田明さん、

井森美幸さん、

早稲田大学 文学学術院 教授の真辺将之さんです。

 

そして今回の担当は、

佐賀放送局の大里和也ディレクター。

 

OSATO.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

大隈重信が大好きだという26歳。

持っている服も早稲田カラーのえんじ色が多いんだとか。

「大隈重信の説よりも1年長い126歳まで生きる!!」と宣言。

あと100年、何でもできますねぇ。

投稿者:店員 | 投稿時間:16:15 | カテゴリ:番組予告 | 固定リンク


2017年12月04日 (月)

道なき道を進む道

 あるプロレスラーが、

引退する際、

「道」という詩を披露しました。

 

「この道を行けばどうなるものか」

から始まり、

「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

で締めくくられるその詩に、

小学生の頃の私はいたく感動したことを覚えています。

 

でも、

自分はどんな道を進めばいいのか、

わからなくなってしまう時ってありますよね。

 

そんな時、一体、何を大事にすればいいのか、

そのヒントを与えてくれるような本があります。

 

「武士道」

 

明治時代、

新渡戸稲造が、日本人の内面を海外に紹介するために書いたものですが、

そこには、

今の私たちも学べる知恵がたっぷりと詰まっているんです!!

 

新渡戸が「武士道」に込めたものとはどんなものだったのか?

 

NITOBE2.JPG

 

 

 

 

 

前回に引き続き、

松沢幸一さん、関根勤さん、草原克豪さんと読み解きます!

いくぞー!

1、2、3、ダァーーーーー!!!

投稿者:店主 | 投稿時間:09:35 | カテゴリ:番組予告 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top