2018年07月09日 (月)

夏だから、ネバネバと

 こんにちは。4代目店主の新井です。

7月に入り、歴史居酒屋「知恵泉」のある東京・渋谷は、夏の暑さが続いています。

この季節、キャンディーズの「暑中お見舞い申し上げます」を歌いたくなるのは私だけでしょうか?

立秋を過ぎて歌うのは気が引けるので、今週あたり、歌いに行こうと思います。

 

  さて、暑い日が続いて夏バテ気味という時には、ネバネバ夏野菜のオクラがいい・・・なんて話を聞きますが、次回の知恵泉も、ネバネバ行きたいと思います。

 何がネバネバなのか・・・それは、粘り強い気持ちです。

 

 前回、本多正信の生き方を紹介して、嫌われることも怖くないと思った方もいらっしゃるのでは。

 でももし・・・すでに嫌われていたらどうしましょう?

 

 今回は、織田信長や千利休に才覚を認められながらも、豊臣秀吉に嫌われ、歴史に埋もれてしまった武将、蒲生氏郷が主人公です。

 “出る杭は打たれる”中、粘り強く生きていった蒲生の知恵をご紹介します。

今回も前回に引き続き・・・

 

GAMOU.JPG

 

 

 

 

 

哲学者の岸見一郎さん、タレントの岡田圭右さん、静岡大学名誉教授の小和田哲男さんとともにお伝えします!

投稿者:店員 | 投稿時間:18:18


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top