2018年12月07日 (金)

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

行列のできるスイーツの店に着いた時、「並んでお待ち下さい」と言われると、

もうすぐおいしいスイーツに出会える・・・という期待からか、

待たされているのにも関わらず、どこか嬉しくなり・・・

 

♪わたし待〜つわ〜 いつまでも待〜つわ〜

 

と、あみんの「待つわ」を心の中で歌ってしまう私です。

この曲の歌詞は、どちらかと言うと嬉しい話ではないのですが、

この部分だけを何度も繰り返し歌ってしまう私です。

 

さて、次回の知恵泉の主人公は、

将軍になるタイミングを待ち続けた、徳川15代将軍・慶喜です。

 

幼少の頃からその秀才ぶりは評判を呼び、

たびたび将軍候補として名前があがるほどの逸材でした。

ところが当の本人は、待って焦らせて、なかなか首を縦に振らなかったのです。

なぜ慶喜は、将軍になることを拒み、あえて待ち続けたのか、読み解きます。

 

また、18日の後編では、晩年の慶喜の生き方を読み解きます。

 

 

blogyoshinobu.JPG

 

 

 

 

 

ご来店は・・・

堀田茜さん

実業家の高田明さん

大阪経済大学特別招聘教授の家近良樹さんです。

 

11日の番組冒頭では、堀田茜さんが5代目店主に!?

是非ご覧下さい!

投稿者:店員 | 投稿時間:21:58 | 固定リンク


  
2018年11月30日 (金)

私、誰かの役に立ってる?

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

私、よく空回りすることがあるんです。

職場で同僚達と話している時、急に静かになってしまったから喋り出したら・・・空回り。

そんなこんなで場を和ませようと、良かれと思ってダジャレを言ってみたら・・・空回り。

 

みんなの役に立ちたい!と思ってやったことなのに・・・。

私、誰かの役に立てているのでしょうか・・・。

 

次回の知恵泉は、こんな私とは次元が違いすぎる、人々の役に立つ功績を残した方が主人公です。

 

社会事業家の賀川豊彦。

日本が近代化の歩みを進めていた大正時代。そんな中、時代に取り残され貧困に苦しむ人たちが住む地域へ乗り込み、人々を救おうと取り組みました。

また、関東大震災では、民間主導のボランティアの先駆けともいわれる活動に取り組み、被災者の暮らしを立て直しました。

 

社会を変えるアイデアを次々と実現していった賀川豊彦から、人に役に立つヒントを探ります。

 

blogkagawa.jpg

 

 

 

 

今回のご来店は・・・

優木まおみさん、

特定非営利活動法人ロシナンテス理事長の川原尚行さん、

賀川豊彦記念松沢資料館副館長の杉浦秀典さんです。

 

blogkagawa2.jpg

 

 

 

 「

 

今回の知恵泉を担当したのは、徳島放送局の村上隆俊ディレクターです。

アメリカ生まれアメリカ育ちの村上ディレクター。

NHKに入局して初めて赴任した徳島が大好きになったそうです。

野球が好きなこともあり、徳島局ではスポーツ企画なども手がけているそうですが、歴史にも興味があり、今回初めて、全国放送の歴史番組に挑戦しました。

投稿者:店員 | 投稿時間:11:47 | 固定リンク


  
2018年11月16日 (金)

店主、女子力アップ!?

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

11月20日と27日の知恵泉は、「江戸の女傑たち」がテーマです。

 

20日は、みなさんおなじみ、2008年NHK大河ドラマの主人公、天璋院篤姫。

薩摩藩主・島津斉彬の養女で13代将軍・家定の正妻となった篤姫。外様の薩摩藩から将軍家に嫁ぐのは異例と言われる中、激動の幕末、自らの使命を見出し決然と行動した篤姫の生き方に迫ります。

27日は、みなさんおなじみ・・・ではないかもしれませんが、実はすごい人。

三井グループの創始者、三井高利の母、三井殊法(しゅほう)です。

殊法の商いは、今にも通じる「薄利多売」や「顧客第一主義」といった考えの先駆けだとも言われます。

時代を動かした、そして時代を作った2人の女性達の力に迫ります。

 

なぜか周りから「女子力高いよね」と言われることが多い私ですが、番組をご覧の皆さんからはどう見えているのでしょうか・・・。

私も今回の放送をきっかけに、さらに女子力が上がっているかもしれません(笑)

 

 

ご来店は・・・

 

blogjoketsu.jpg

 

 

 

 

 

芸能事務所社長の太田光代さん、

タレントのブルゾンちえみさん、

そして、東京大学史料編纂所教授の山本博文さんです。

 

番組では、ブルゾンちえみさんと私がコラボした何かが見られるかもしれませんよ・・・。

投稿者:店員 | 投稿時間:14:57 | 固定リンク


  
2018年10月19日 (金)

カッコイイ男になりたい方必見です!

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

ブログをご覧の皆様、カッコイイ男は好きですか?

最近は、○○イケメン・・・などと、いろんなイケメンが増えているような気がして、

どさくさに紛れて店主も何かのイケメンに当てはまらないかなぁ~

なんて思うこともありますが、縁遠いようです。

 

さて、次回の知恵泉は、イケメンというより、カッコイイ男と呼ぶ方がふさわしいであろう、

白洲次郎が登場します。

 

容姿だけでなく、その生き様がなんと言ってもカッコイイ!

2週にわたって、白洲次郎はなぜカッコイイのかをお伝えしていきます。

 

10月23日は、「こんなカッコいい男になりたい」。

男も憧れる男になるための極意を読み解きます。

 

10月30日は、「ブレないことがカッコいい」。

晩年までブレずに生きた次郎の生き様についてです。

 

blogshirasu.JPG

 

 

 

 

 

ご来店は・・・

幻冬舎 取締役の館野晴彦さん、

タレントの小島瑠璃子さん、

作家の北康利さんです。

 

そして、写真の右から2人目に写っている方は、なんと!

次郎の娘婿、旧白洲邸武相荘館長の牧山圭男さんです。

在りし日の次郎について、牧山さんならではのエピソードもお伺いしました。

(牧山さんがご来店するのは、30日の放送です)

ご出演の皆さんが持っているTシャツの意味も、2週にわたってご覧いただくとわかります!

投稿者:店員 | 投稿時間:15:21 | 固定リンク


  
2018年09月28日 (金)

ラーメンたべたい

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

ラーメンたべたい・・・と聞いて、矢野顕子さんの歌を思い出した方、

私とカラオケの選曲が似ているかもしれません(笑)

 

さて、次回の知恵泉の主人公は、インスタントラーメン生みの親、安藤百福です。

と、ここまでしか書いていないのに、すでにラーメンが食べたくなってきました。

 

そう思いついてから3分あればラーメンができあがる。

 

どこでも、すぐに、おいしく食べられるインスタントラーメン。

私たちの生活に欠かせないものになっているかもしれませんね。

 

今や、全世界で年間およそ1000億食も食べられていると言われるインスタントラーメン。

なぜそこまで世界に通用するヒットを生み出すことが出来たのか、番組でたっぷりご紹介します。

 

ぜひ、ラーメンを食べながらご覧ください!

 

momofukust.jpg

 

 

 

 

今回のご来店は・・・

バイオベンチャー企業の経営者・出雲充さん、

タレントの千秋さん、

そして、伝承料理研究家の奥村彪生さんです。

 

chieizupd.jpg

 

 

 

 

 

今回の知恵泉を制作したのは、大阪放送局の磯貝健人ディレクターです。

入局3年目。普段は主に報道番組を担当しているそうですが、今回は新たな分野に挑戦!

初めて知恵泉を担当しました。

ちなみにカップラーメンは、週に2回ぐらいは食べているそうですよ。

投稿者:店員 | 投稿時間:12:04 | 固定リンク


  
2018年09月23日 (日)

申し訳ございません・・・

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

タイトルを見て、「ダメ店主がまた何かやらかしたか!?」と思った方は、

だいぶ4代目のキャラクターがわかっていらっしゃる皆さんですね。

 

さて、2回にわたって、危機管理をテーマにお届けしている知恵泉ですが、

次回は「黒田騒動」の例から、組織の危機管理について読み解きます。

 

トップがしっかり機能しないため、組織そのものが存亡の危機に立たされるというケース。

今でも良く聞きそうな話ですが、400年前にもあったのですね。

 

しっかり機能しなかった福岡藩二代藩主・黒田忠之に対して、筆頭家老・栗山大膳がどう危機を乗り越えたのかを見ていきます。

 

blogkurodasodo.jpg

 

 

 

 

 

前回に引き続き、ご来店は・・・

国境なき医師団日本・理事の黒崎伸子さん

東京大学史料編纂所教授の山本博文さん

タレントの加藤綾子さんです。

 

独裁者の圧政や複雑な権力闘争に翻弄される紛争の最前線で人命救助を続けてきた黒崎さんが、

黒田騒動から危機管理術のヒントを探ります。

投稿者:店員 | 投稿時間:13:22 | 固定リンク


  
2018年09月14日 (金)

いつの時代も・・・

こんにちは。4代目店主・新井です。

 

2回にわたって、危機管理をテーマにお届けする知恵泉。

初回は「安政江戸地震」を取り上げます。

江戸の街を襲ったマグニチュード6.9という大地震。

激しい揺れの後、火事に見舞われ、行くあてのない人たちであふれかえる街。

そんな“危機”をどう乗り越えたのか、お伝えします。

 

この番組を収録したのは、先月・8月のこと。

その後9月に、北海道で震度7の揺れを観測する地震が起こりました。

いつの時代も、天災は忘れた頃にやってくる・・・ということを強く感じます。

 

番組では、江戸の街を襲った震度6強の揺れを体験するために、地震の揺れをシミュレーションできる施設を訪れました。

あらかじめ揺れるとわかっていても、立ち上がることも難しく、恐怖心から心拍数も上がり、揺れが収まったあとも、しばらく体がフラフラしていました。

こんな揺れが深夜の就寝時間帯に襲ったことを考えると、北海道で地震の被害に遭われた皆さんが、どれだけ怖い思いをされたかがわかります。

心よりお見舞い申し上げます。

 

安政江戸地震では、地震の翌日から炊き出しが行われ、その後、いわゆる仮設住宅の建設も速やかに行われました。

今でも大きな災害のたびに行われているこうした支援を、江戸時代にはどのようにして行っていたのか、その知恵をご紹介します。

 

 

bloganseiedojishin.jpg

 

 

 

 

 

今回のご来店は・・・

国境なき医師団日本・理事の黒崎伸子さん

東京大学史料編纂所教授の山本博文さん

タレントの加藤綾子さんです。

 

緊急の医療が必要とされる世界各地の現場で活動されている黒崎さんは、江戸時代の危機管理の知恵をどう読み解くのか、お楽しみに!

 

投稿者:店主 | 投稿時間:18:39 | 固定リンク


  
2018年09月08日 (土)

親の顔が見てみたい?

こんにちは。4代目店主・新井です。

小さい頃は、大人達の会話に入ることが好きだった私。

小学校から帰った夕方、友達の家に遊びに行く道すがら、近所のお母さん達が井戸端会議をしていると、なんとなくその輪に加わりたくなり・・・。

実際、話に参加することもありました。

大人達から見たら、面倒な子供だったかもしれませんね。

 

親の顔が見てみたい・・・なんて思われていたかもしれません。

 

次回の知恵泉は、親の顔がよく知られた親子です。

 

信長、秀吉、家康。誰もが知る天下人たちを、親子2代に渡り支えた名将、

黒田官兵衛・長政親子です。

 

ところがこの親子、性格が全く異なる親子でした。

そんな時、親は子供にどう向き合えばいいのか。

次回も「戦国の教育術」についてお伝えしていきます。

 

ご来店は、前回に引き続き・・・

 

blogkuroda.jpg

 

 

 

 

 

教育改革実践家の藤原和博さん

俳優の渡辺徹さん

静岡大学名誉教授の小和田哲男さんです。

 

是非ご覧ください!!

投稿者:店員 | 投稿時間:10:28 | 固定リンク


  
2018年08月31日 (金)

夏休みの宿題が・・・

こんにちは。4代目店主・新井です。

まだまだ残暑が厳しい日もありますが、今年の夏も終わろうとしています。

この時期になると、あの思い出がよみがえります。

 

そう、小学生の頃、夏休みの宿題に追われた思い出です。

 

夏休みの宿題は先に終えるタイプ?最後にまとめて頑張るタイプ?・・・などという話になることを考えると、みんなそんなものなのでしょうか?

 

そんな中、自分の好きな宿題については積極的に取り組んでいた記憶もあり、朝顔の観察日記を付けるために、毎日水やりをして、花が咲くのを楽しみにしていた思い出もあります。

 

誰でも、得手不得手ってありますよね。

・・・と宿題をサボっていたことを正当化しようとするのはいけませんね。

 

さて、次回の知恵泉は、生きるか死ぬかの戦国時代に、臆病者で戦が苦手という弱点があった武将のお話です。

 

関東の雄と呼ばれた名将・北条氏綱の息子、北条氏康です。

そんな武将として致命的な弱点をもった息子に、父・氏綱が習わせたのは・・・

「算術」だったのです。

 

氏綱の教育術とは、いったいどんなものだったのか。

今回は、こちらの3人の皆さんと読み解きます。

 

 

bloghojo.jpg

 

 

 

 

 

教育改革実践家の藤原和博さん

俳優の渡辺徹さん

静岡大学名誉教授の小和田哲男さんです。

 

北条親子の子育て術を読み解くとともに、皆さんの子育て術についても、いろいろとお話が聞けました!お楽しみに!

投稿者:店主 | 投稿時間:14:33 | 固定リンク


  
2018年07月24日 (火)

夏休みの思い出

 いや別に、今年の夏休みの思い出を日記風に書きたかったわけではありません。

 7月下旬のこの季節になると、子供のころ、夏休みの宿題に追われていたことを思い出す店主です。追い込まれてから始めて間に合うものもありましたが、なぜもっと早く取りかからなかったのかと後悔するものもありました。

 

 その一つが「自由研究」です。

 特に研究熱心でなかったのか、その他の遊びに研究熱心だったせいなのか、後回しにしたことを後悔した思い出があります。

 

 次回の知恵泉は、化学の研究が大好きだった人が主人公です。

 

 日本薬学の父と呼ばれる、長井長義。

 化学の本場ドイツで実力を磨き、帰国後には独自の薬を開発し、日本の薬学を国際的なレベルに押し上げました。

 

 そんな長井の知恵を読み解くのは・・・

 

NAGAI.jpg

 

 

 

 

 アート集団「チームラボ」代表の猪子寿之さん、八木亜希子さん、徳島大学名誉教授の渋谷雅之さんです。

 

 猪子さんと言えば、最先端のデジタルテクノロジーを駆使した斬新なアートで知られる「チームラボ」の代表。先日、東京・お台場に常設のミュージアムをオープンしたことでも話題となっています。

  新しい技術の可能性を信じて進んできた長井長義と猪子寿之さん。

2人の言葉から、人生を切り開く知恵に迫ります!

投稿者:店員 | 投稿時間:23:00 | カテゴリ:番組予告 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS

page top