きょうの一品レシピ「嶺岡風(みねおかふう)呉汁(ごじる)」(2014年2月10日放送)

嶺岡風の呉汁
材料(4人分)
乾燥大豆 ...... 100g
(水煮大豆の場合 ...... 200g)
にんじん ...... 40g(長さ5〜6センチくらい)
ごぼう ...... 40g(長さ5〜6センチくらい)
大根 ...... 50g(長さ4〜5センチくらい)
ねぎ ...... 50g(長さ4〜5センチくらい)
みそ ...... 40g
だし汁 ...... カップ4
牛乳 ...... 1/2カップ

作り方

  1. 大豆はよく水洗いし、一晩水に浸し、柔らかくします。
  2. にんじんと大根は、太さ2ミリくらいの細切りにします。(マッチの軸ぐらい、“千六本(せんろっぽん)切り”)
    ごぼうはささがきに、ねぎは小口切りにします。
  3. 大豆の水を切り、すり鉢やミキサー、フードプロセッサーなどでよくすりつぶします。
  4. 鍋に、だし汁と根菜類を入れ、火が通って柔らかくなったら、みそ、ねぎの順に入れます。
    そして、すりつぶした大豆を少しずつ入れます。
  5. 煮立ったら、最後に牛乳を入れ、沸騰する直前で火を止めます。これで出来上がりです。

ポイント

  • 「嶺岡風」・・・南房総市大井あたりに位置する「嶺岡」と呼ばれる地域は、酪農発祥の地と言われています。
    牛乳を入れることでコクが出て、食べやすくなります。
  • 大豆はよくすりつぶします。
▲ ページの先頭へ