2013年05月12日 (日)#17 イタリアへ思いを馳せる"菜の花"


 

広報用の写真撮影を担当させていただいている新田です。

自分のオフィスは神奈川県にあり、今回生まれて初めてアクアライン経由で、房総半島にお邪魔させていただきました。

首都圏から、あまりの近さに驚きながらロケ地に近づくにつれ、何かが、どんどん記憶の中から掘り起こされている感覚になりました。路肩で咲き乱れる菜の花を見た瞬間、湧き出る感覚の正体がわかりました!

一昨年、去年と撮影で訪れたイタリアウンブリア州のペルージアとまさしく同じ情景と匂い!黄色い花の群れ、そしてそれを取り巻く環境!

2年前にイタリアで撮影したカットです。

  20130510_120027.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれが今回いすみ鉄道国吉駅付近で撮影した写真です。

20130510_120228.jpg

 

 

 

思えば海へ飛び出した房総半島の様子って、イタリアに似ている。。。

思わずクルマを停めて深呼吸。。。

うーん、やっぱり同じだ。。。

首都圏からこの距離でイタリアがあった。。。

 20130510_115946.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、46年間知らないでソンしたなぁ。

新田でした。。。

投稿者:ラッカ星人 | 投稿時間:14時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

わ~うれしいな~美しい表現にうっとり、ジ~ン。

投稿日時:2013年06月22日 00時06分 | 市原 なな代

あぁやっと分かりました!「半島」と言う地形に加え、菜の花がイタリアと千葉県の共通項だったのですね!だからでしょうか、こちらでの留学生活にすぐに馴染むことができたのは!食用として、畑の緑肥などとして、現在暮らす北イタリアでも一面黄色く染まっていました。季節が進んだ今は、ちらほらと真っ赤なポピーが咲き始めました。風に揺れ、真っ赤なじゅうたんのように染まるのは、もうすぐのようです!

投稿日時:2013年05月14日 03時33分 | Arachide星人(イタリア語で落花生の意)

コメントの投稿

ページの一番上へ