2015年11月27日 (金) 【「平成27年度  第2回視聴者ふれあい会議」を開催しました】


20151127_fureai1.jpg

今回は、7人の委員の皆さまと一緒に、幕張メッセで開催されていた日本最大規模の音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2015」を見学、4KやNHKが出展している8K(スーパーハイビジョン)の精細な映像を体感していただきました。
その後会議室に移動し、スライドなどで更に詳しく最先端の放送技術を説明したうえで、NHK側の出席者と質疑応答、意見交換を行いました。
【質問・意見】
今、私の家のテレビは、おそらくネット接続はしていないのですが、データ通信はしていると思うんです。
毎朝、母親が民放の朝の番組でじゃんけんゲームをやっているからなんですが、どういう仕組みになっているのですか。
 
NHK)⇒ 勝つとポイントが貯まるというサービスは放送局がじゃんけんの結果を吸いあげているわけではなくて、テレビの中にためていきます。非常に小さいメモリーですので、月が変わるとリセットされてしまう、という仕組みです。厳密に言うと通信にはなっていません。
 
20151127_furea2.JPG
 
では、クイズなど番組内で集計結果を発表するような回答は、放送局側に届いているのですか?
 
NHK)⇒紅白歌合戦のテレビ審査員などは、いったんNHKに情報が渡り、集計して結果を発表します。
 
今までだったら放送する為の映像だけを作ればよかったものが、たとえば「首都圏ネットワーク」でも、内容をテキストを起こして、サイトにコンテンツをストックする。こういったコンテンツまで全部作らなきゃいけないとなると、番組に対する製作費や労力が桁違いに上がっているという印象が強くあります。
 
NHK)⇒おっしゃる通りです。それを無償で提供していくのが、公共放送の使命です。
NHKは、様々なホームページ展開をしていますが、ハイブリッドキャストも含め放送・通信で、サービスとしてもっと親しんでいただけるものは何なのか模索しているところです。
 
8Kに関しては、実物より綺麗に見える印象です。スクリーンで見るととてもきれいで、「ここに行きたい」と思って、実際に行ってみると、「そんなにきれいじゃなかった」ということが起こるのではないか。きれいなのはいいとは思うのですが、やりすぎなのはどうかな、と。
 
NHK)⇒大変貴重なご意見だと思います。たとえば、スポーツ中継などで観客の顔がはっきりと見えるようになると、肖像権に引っかかってしまうとか、そういう問題も発生してきます。
ただ、今はなるべく多くの方に8Kを体感して頂いて、東京オリンピックの時に「こういう世界が自分の近くに来ればいいな」と思っていただく、そして同時並行で8Kのサービスのあり方や問題点を考えていくという時期ではないかと思います。
 
今の60代・団塊の世代は、デジタルに関して大きく分かれる世代、理解にバラツキがあると思います。
4K、8K、ハイブリッドキャストなどの最新技術に関しては、「Dボタンが付いていればデータが見られる」とか、「4K、8Kで美しい映像を楽しむためには、それに対応したテレビを用意する必要がある」とか、
今後、そのあたりをきっちりアピールしていかないと、普及していかないと思うんです。
 
NHK)⇒60代、団塊の世代の皆さん、意外とパソコンとかデータには慣れ親しんでいる方も多い。逆に20代以下の方は、キーボードに触っていない方も多い。この世代はスマホになってしまう。その辺も含めて、どういうところをターゲットに、どんなサービスをやっていくのかということも検討しなくてはいけないと思っています。
 
回線の問題で言うと、「4K.8Kを受信するときに、インターネット回線を使うとなにができるか」とか、まだまだ分からない部分があります。
 
NHK)⇒今、ネットを介したテレビの再送信というものも試験運行を始めています。これはアクセスが多ければ元のところがどうなってしまうのか、というものも含めて検証の段階です。意外と映像は容量がありますから。
 
20151127_furea3.jpg
 
今回は最先端のテレビ放送技術について、この会場で実物を見て、感じて頂きました。この経験を基に、今後も「こういうのは出来ないの?」「こういうものがあればいいのに」というようなご意見を是非お聞かせいただければと思います。
来年夏にはリオで、2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。今ここでご覧になった技術が、その時にはもっと進歩していることでしょう。
また、ハイブリッドキャストが登場して、テレビはすでに見るだけのものではなくなっていますし、視聴者の皆さんの声で、さらに進化していくと思います。
 

投稿者:広報 | 投稿時間:19時53分

ページの一番上へ