2012年09月30日 (日)台風17号 千葉関連情報(午後8時半現在)


【台風17号情報】09月30日 18時01分
台風17号の接近に伴い、千葉県では30日夜のはじめ頃から10月1日未明にかけて、大荒れの天気となる見込みで、気象台は、暴風、高波、それに土砂災害などに厳重に警戒するよう呼びかけています。
台風の接近に伴い、30日夜のはじめ頃から10月1日明け方にかけて、非常に強い風が吹き、海上では猛烈な風が吹く見通しで、予想される最大瞬間風速は▼北西部の陸上で35メートル、海上で35メートル、▼北東部の陸上で35メートル、海上で45メートル、▼君津の陸上で35メートル、海上で35メートル、▼夷隅・安房の陸上で35メートル、海上で45メートルの見込みです。
また30日夜のはじめ頃から10月1日昼前にかけて、海は大しけとなり、予想される波の高さは、北西部で4メートル君津で5メートル北東部と夷隅・安房8メートルの見込みです。
さらに気象台によりますと、30日夜のはじめ頃から夜遅くにかけて、北西部を中心に雷を伴い1時間に60ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあり、10月1日18時までの24時間雨量は、多い所で100ミリの見込みです。
30日前後は大潮にあたり、潮位の高い時期となるため、君津では特に高潮に注意が必要です。
満潮時刻は、千葉では10月1日の午前5時16分となっています。
気象台は、暴風や高波、大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の急な増水やはん濫に厳重に警戒するとともに高潮に注意を呼びかけています。
台風の接近に伴って落雷や竜巻など激しい突風のおそれもあり、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動して安全の確保に努め、特に、屋外での活動の際には十分注意して欲しいとしています。

【竜巻注意情報】09月30日 20時20分
銚子地方気象台は、さきほど午後8時10分、千葉県に、再び竜巻注意情報を出しました。
竜巻などの突風は、発達した積乱雲が近づいたときに発生します。気象庁は、雷や急な風の変化、それに「ひょう」が降るなど、積乱雲が近づく兆しがある場合は突風に十分注意し、頑丈な建物などの中で安全を確保するよう呼びかけています。
(銚子地方気象台は、午後5時58分、千葉県に竜巻注意情報を出し、この情報は、30日19時10分まで有効でした)

【自主避難】09月30日 20時15分
NHKが千葉県内の各市町村を取材したところ、台風17号の接近に伴い、県内では午後8時現在、富津市や旭市、それにいすみ市など8つの市と町であわせて68人が地元の公民館などに自主的に避難しているということです。

(18:40 NHKが千葉県内の各市町村を取材したところ、台風17号の接近に伴い、県内では午後6時現在、船橋市、流山市と太平洋沿岸のいすみ市、旭市、匝瑳市であわせて14人が公民館などに自主的に避難したということです。)


台風17号関連の最新の情報は、ツイッター&情報リンク先一覧⇒ http://www.nhk.or.jp/chiba-blog/400/132889.html でご確認下さい。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20時30分

ページの一番上へ