2012年05月19日 (土)千葉県内の断水状況 (午後1時現在)


利根川水系の江戸川から取水している北千葉浄水場で国の基準を超える化学物質のホルムアルデヒドが検出された影響で、千葉県柏市によりますと、先ほど正午ごろから市の南部を中心とした地域で断水しているということです。

柏市では市内全域の15万世帯あまりで水が出づらい状態になっていて、断水する地域は徐々に広がる見込みだということです。
柏市では午後1時現在、市内10か所に応急の給水所を設けて、市民に飲料水を配っています。
給水所は、▼柏第二小学校▼旭小学校▼関場町の防災備蓄倉庫▼柏第三小学校▼光ヶ丘中学校▼増尾西小学校▼柏第四中学校▼酒井根小学校▼藤心小学校▼東部消防署逆井分署の10か所です。
断水する地域が広がれば、給水所を順次、増やしていくことにしています。 

野田市では19日午後0時半現在、市内のおよそ4万6500世帯で断水しています。
このため市では▼野田市中根324の中根配水所と▼野田市東金野井850の1の東金野井浄水場の2か所に、給水所を設けています。
このうち中根配水場には、午前中からバケツやペットボトルなどを持った市民が次々に集まり、井戸水が入ったタンクにつながる蛇口をひねって容器がいっぱいになるまで水を注いでいました。40歳の男性は「小さい子どもがいるので、粉ミルクやトイレなど水は欠かせないので困ります。きょうの風呂や洗濯などはどうしたらいいのかまだわかりません」と話していました。野田市によりますと、井戸水の備蓄は19日いっぱいは足りる見込みだということですが、午後7時ごろからは市内の残りの7500世帯でも断水の恐れがあるということです。

さらに県内では、我孫子市と松戸市、鎌ケ谷市、市川市、船橋市でも、このあと断水のおそれがあるということです。

各自治体では給水所を設けるなどの対応の準備を始めているほか、県などでは節水や水のくみ置きを呼びかけています。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13時30分

ページの一番上へ