2014年4月 2日

気象庁「日本沿岸に津波注意報発表の可能性」 2日午後7時半現在


チリ巨大地震 津波日本到達も
04月02日 19時05分

南米チリ北部の沿岸で発生したマグニチュード8.2の巨大地震で、震源周辺で2メートルを超える津波が観測されています。
気象庁は、日本の太平洋沿岸にも3日の朝、津波注意報クラスの数十センチから最大で1メートル程度の津波が到達するおそれがあり、3日午前3時ごろ日本の太平洋沿岸に津波注意報を発表する可能性があるとして、今後の情報に注意を呼びかけています。


太平洋沿岸各地 津波第1波の到達予想時刻
4月2日 18時45分

気象庁によりますと、日本に津波が到達する場合に、太平洋沿岸の各地に第1波が到達すると予想される時刻の目安は次のとおりです。
▽北海道は、太平洋沿岸東部が午前5時、太平洋沿岸中部が午前5時半、太平洋沿岸西部が午前6時。
東北は、▽青森県太平洋沿岸と岩手県、それに宮城県が午前5時半、▽福島県が午前6時です。
関東は、▽茨城県と千葉県九十九里・外房、それに小笠原諸島が午前5時半、▽神奈川県の相模湾・三浦半島と、伊豆諸島が午前6時。
東海は▽静岡県が午前6時、▽愛知県外海と伊勢湾・三河湾、それに三重県南部が午前6時半。
近畿は▽和歌山県が午前6時半。
四国は▽徳島県と高知県が午前7時、▽愛媛県宇和海沿岸が午前7時半。
九州は▽宮崎県が午前7時、▽鹿児島県東部と種子島・屋久島地方、奄美群島・トカラ列島が午前7時半、鹿児島県西部が午前8時。
また、沖縄県の▽大東島地方が午前7時、▽沖縄本島地方が午前7時半、▽宮古島・八重山地方が午前8時です。
今回のように地震の震源が遠く離れている場合、津波が予想より早く到達したり、大幅に遅くなったりすることがあり、時刻はあくまで目安です。
気象庁は「津波が来た場合繰り返し押し寄せるので、津波注意報が出た場合には海岸や川の河口に近づかないでほしい」と話しています。


千葉県内自治体 津波への警戒
04月02日 18時37分

千葉県東部、銚子市の銚子漁港では、今の時期は巻き網によるイワシ漁が盛んに行われています。
いまも大きな船が入れ替わり立ち替わり入ってきて、水揚げしたり、氷を詰め込んだりしています。
乗組員の方によりますと、今後の状況次第で津波に備えて船を沖に出すのか検討するということです。
また銚子市によりますと、注意報が出るのを待たずに、注意喚起を呼びかけるメールを市民に送るなど対応を取り始めているということです。
気象庁の今後の情報に注意しながら、対応していくということです。

千葉県館山市は気象庁の会見を受けて、メールシステムに登録している1万2000人あまりの市民などに対して、午後5時半ごろ「今後の津波に関する情報に十分気をつけて欲しい」というメールを送りました。

また千葉県九十九里町も、町民に対して防災行政無線やメールで注意を呼びかけることにしています。
太平洋沿岸の千葉県匝瑳市と山武市は、津波注意報が出された場合に備え、自主的に避難する市民のために避難所を準備する予定だということです。
注意報が出された場合は、防災無線やメールなどで市民に注意を呼びかけるとしています。

 

NHK津波情報http://www3.nhk.or.jp/sokuho/tsunami/index.html



ニュースサイトや情報関係リンク先を掲載しますので、最新の情報はこちらからご確認下さい

【続きを読む】

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20時30分 | カテゴリ:特設(ライフラインなど) | 固定リンク

ページの一番上へ