2013年06月30日 (日)とうもろこしの収穫


rakka_28.gif

放送部のWカメラマンが、山武市とうもろこし収穫のようすを撮ってきました。

とってもおいしそう!!!
一粒一粒が輝いているラッカ。
ボク、とうもろこしのふっさふさの部分が、なんか・・・好き。
英語だと "corn silk" っていうんだって。
シルク・・・肌ざわりよさそうラッカ~(´∀`*)
 
130628_corn_01.jpg
 
130628_corn_02.jpg

130628_corn_03.jpg

130628_corn_04.jpg

130628_corn_05.jpg
 
千葉県山武市では、とうもろこしの収穫が最盛期を迎え農家の人たちが連日、収穫作業に追われています。

千葉県は年間のとうもろこしの出荷量が北海道に次いで全国2位で、山武市では、230軒ほどの農家がとうもろこしを生産しています。

市内の畑では、5月下旬から収穫が始まり、その日のうちに消費者に届けられるよう、毎朝4時ごろから収穫の作業を行っています。

長さが30センチほどまで育ったとうもろこしは、実の粒も大きく、旬の時期を迎えたみずみずしさがあります。

収穫の最盛期を迎えたこの時期、6月27日に取材した農家では、毎朝ひとりでおよそ1300本を収穫しています。

とうもろこしに傷がつかないよう、一本一本丁寧に手でもぎ取っていました。

この農家の男性は、「3月の霜の影響を心配しましたが、例年通り順調に育ちました。

早朝収穫したものを、その日のうちに食べていただければ」と話していました。

山武市のとうもろこしの収穫は、7月中旬まで続くということです。

【問い合わせ】 JA山武郡市やさいの里営農センター 電話 : 0479-86-5237

投稿者:ラッカ星人 | 投稿時間:11時00分

ページの一番上へ