2013年01月04日 (金)ビオラが見ごろ


rakka_28.gif

2013年も、千葉の魅力をステキな写真でたくさんお伝えするラッカよ~。

放送部のWカメラマンが、千葉市美浜区千葉市花の美術館ビオラを撮ってきました。

パンジーとビオラの違いは「花の大きさ」で、
5センチ以上がパンジー、それ以下がビオラとされているけれど、区別はあいまい。
あまり気にせず愛でましょう!
 
130104_viola_01.jpg
 
130104_viola_02.jpg

130104_viola_03.jpg
 
130104_viola_04.jpg 130104_viola_05.jpg
千葉市の美術館の花壇で、紫色や黄色の花を咲かせるビオラが見ごろとなり、訪れた人たちを楽しませています。

ビオラはスミレの仲間で寒さに強く冬から春にかけて直径4センチほどの小さな花を咲かせるのが特徴で、園芸用として親しまれています。

千葉市美浜区にある千葉市花の美術館では、花が少なくなる冬の時期も花壇を華やかに彩ろうと、毎年11月に5000株ほどのビオラの苗を植え付けています。

紫色や黄色の花が次々と咲きほこりこの時期、見ごろを迎えています。

訪れた人たちは、足元に可憐に咲く花を眺めたり、花と一緒に写真を撮ったりしていました。

千葉市花の美術館では、3月下旬までビオラの花が楽しめると言うことです。

【問い合わせ】 千葉市花の美術館 電話 : 043-277-8776

投稿者:ラッカ星人 | 投稿時間:21時00分

ページの一番上へ