2012年06月23日 (土)古代のロマン オオガハス


rakka_28.gif

放送部のWカメラマンが、千葉市中央区の千葉公園でステキなオオガハスの写真を撮ってきたラッカよ。
 
オオガハスを楽しんでいるまだ幼い少年も、きっと古代のロマンを感じて・・・いるかな?
 
120623_oogahasu_01.jpg
 
120623_oogahasu_02.jpg

120623_oogahasu_03.jpg
 
120623_oogahasu_04.jpg 120623_oogahasu_05.jpg
古代のハスと言われるオオガハスが、千葉市の公園で大輪の花を咲かせはじめ、訪れた人たちの目を楽しませています。
オオガハスは、ハスの権威だった大賀一郎博士が、千葉市内で、およそ2000年前の地層から実を発見し、発芽に成功させたもので、古代のハスとして知られています。
千葉市中央区にある千葉公園では、900平方メートルほどの池でおよそ600株のオオガハスが育てられていて、ことしも6月上旬から直径20センチを超える花を咲かせはじめました。
見物に訪れた人たちは、ピンク色に咲いた大輪を写真におさめたり、池の周りを散策したりして、よみがえった古代の花の姿を楽しんでいました。
千葉公園のオオガハスは、まだ、つぼみのものもたくさんあって、7月下旬まで楽しめるということです。

【問い合わせ】 千葉公園 電話:043-251-5103

rakka_28.gif

2000年の時を越え現代によみがえったその生命力、ロマンを感じずにはいられないナッツ。
古代の人たちはこのハスを、どのように楽しんでいたのかな?
ボクもオオガハスの咲く公園を散策し、悠久の時に思いをはせてみようと思うラッカ。

 

投稿者:ラッカ星人 | 投稿時間:13時00分

ページの一番上へ