2019年12月09日 (月)~伝統的工芸品・千葉工匠具の魅力にせまる♪~ *廣田瞳*


 こんにちは!廣田瞳です♪

きょうのFM「ひるどき情報ちば」は、

    小川浩司アナウンサーとお送りしました。

ひるどき特集

千葉県打刃物連絡会 副会長

包丁類の制作をしている

八間川義人さん

千葉工匠具について伺いました。

img_20191209121818.jpg

 千葉県は、古来の鍛冶製鉄文化を物語る遺構が

他県と比べても劣らないほど数多く残されていて、

道具作りの鍛冶屋さんが多く存在していたそうです。

鎌、鍬、散髪鋏、金切り鋏、ゴム切り鋏、

バール、洋包丁などの千葉工匠具は

商品が多岐にわたっているうえ、

プロ用の刃物工具を、分業ではなく、

一人の職人が一貫生産している商品がほとんどです。

これは他の産地に見られない珍しいことだそうですよ!

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

ニュースアップ千葉

“成田空港のBCP”

岩澤千太郎記者の記者解説でお伝えしました。

BCPとは、

大きな災害があった時に損害を最小限にとどめ、

その後の事業の継続や復旧の方法などを

あらかじめ決めておく計画、

つまり事業継続計画のことです。

日本の空の玄関口である成田空港会社でも、

国や警察、消防、航空会社、ライフライン、

それに鉄道やバスなど、

合わせて47の事業者が参加した

空港全体のBCPを始めて作成し、

先月末に発表しました。

空港の利用者の安全、

航空ネットワークの維持と早期復旧、

空港に避難してきた地元の人たちを受け入れ、

一時的な避難場所を提供することにしました。

今後、BCPを基にした関係機関との連携を強化し、

利用者の不安解消に役立てるということです。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

きょうの内容の一部は、しばらくの間、

こちらから聴くことができます!

*廣田瞳*

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時00分

ページの一番上へ