2019年07月08日 (月)キャンパスで"はちみつ"作り~ *廣田瞳*


こんにちは!廣田瞳です♪

きょうのFM「ひるどき情報ちば」は、

    小川浩司アナウンサーとお送りしました。

『ひるどき特集』

千葉大学のキャンパスで行われている

はちみつ作りの話題。

環境健康フィールド科学センター 助教の

三輪正幸さん(写真右の方です)にお話を伺いました。

img_20190708123635.jpg

三輪さんは、研究の一環で

千葉大学のキャンパスで

学生たちと一緒に“養蜂”を行っています。

蜂についた花粉のDNAを分析して

どんな植物からみつを集めてきたか

調べているんです!

ハナノキ、エゴノキ、矢車草、クローバー。

スタジオで試食をしてみると

植物によってみつの味が違うのでびっくり!!

甘みが強かったり、爽やかだったり。

だいぶ味が違いましたよ!

三輪さんたちが作ったはちみつは

千葉大学西千葉キャンパスなどで販売されているそうです♫

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

『ニュースアップちば』

夫婦間のDV(ドメスティックバイオレンス)と児童虐待について

担当の杉山加奈記(写真右)に解説してもらいました。

img_20190708123629.jpg

野田市で小学4年生の女の子が

両親から虐待を受けた末に亡くなった事件の判決が

先月26日に言い渡されました。

この事件では、

女の子の母親が夫からDVを受けていたことが注目されました。

母親は夫から毎日のように暴力を受ける中で

この状況から逃れたいという思いすら

抱けなくなってしまったそうです。

その結果、夫が娘に暴力をふるっていても

止めることができなかった・・・。

そうした母親の対応については

判決で厳しくとがめられたそうですが、

一方で、親から子どもへの虐待を防ぐには

DVの被害者を助ける行政の支援が必要だと

杉山記者は話していました。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

きょうの内容の一部は、しばらくの間、

こちらから聴くことができます!

*廣田瞳*

投稿者:キャスター | 投稿時間:16時00分

ページの一番上へ