2019年06月13日 (木)ひるどき川柳♪6月は「雨」~小村美記~


こんにちは♪小村 美記(おむら・みき)です。

FM80.7MHz「ひるどき情報ちば」

 

きょうのお相手は、私、小村と、東葛川柳会代表で、

全日本川柳協会・副理事長の江畑哲男さんとお送りしました。

 img_20190613122032.jpg

 

今日は「ひるどき川柳」をお送りしましたよ♪

 

 

〇ひるどき川柳

『ひるどき川柳』のお題は”雨”

 

皆様からお寄せいただいたのが250句以上

今回もバラエティに富んだ、梅雨時期にちなんだ様々な「雨」の川柳がありました♪

 

佳作は・・・

1 雨の日は待ってましたと五七五(さくら餅)

2 孫に傘 届ける午後のお楽しみ(フーマー)

3  雨男 傘を忘れた日に降られ(渡辺勇三)

4 にわか雨 返した傘を持ち帰り(かきくけ子)

5 傘一本増やして妻に叱られる(岩窟王)

6 通学路 ちっちゃな傘が虹になる(青丹よし)

7 雨の夜だもの ちょっぴり長電話(汐海 岬)

8 雨の日に恋して雨が好きになり(アカエタカ)

9 雨だれはショパン あの娘のおさげ髪(ジャック天野)

10 皆がみな空を見ている雨宿り(花キャベツ)

11 ロマンスの期待を秘めて雨宿り(ナキウサギ)

12 小ぬか雨恋のシーンに似合いそう(春爺)

13 雨は嫌 わたしの靴が弾まない(風間なごみ)

14 雨に急かされて 三人称になる(雨径)

15  雨上がり バニラの匂いする秘密(よもやまばなし)

16 一本の傘で夫婦も丸くなり(やんちゃん)

17 罪のない人を苛む ゲリラ雨(たちあおい)

18  水たまり 私の顔が歪んでる(葵)

 

そして、入賞作品はこちら!!

 

(銀賞)砂漠では引っ張りだこの雨男(福村まこと、京都府京都市、70代男性

☆江畑先生からのコメント

→  雨男も使いよう!?砂漠なら使える?その誇張と発想力に脱帽、です。「雨男・雨女」の作品は幾つかありましたが、この発想はありませんでした。

 

続いて“ひるどき川柳 金賞”は・・・♪

(金賞)雨戸から気にし始める 近所の目(加藤当白、山梨県南アルプス市、40代男性)

☆江畑先生からのコメント

→  言われてみれば、たしかに。「近所の目は、雨戸の開け閉めから意識する」のかも知れません。加えて金賞作品は、最近世間を賑わせている物騒な事件をも想起させます。そんな一句でした。

 

そして、いよいよ6月の“ひるどき川柳 大賞”は?!

(大賞)生きること 雨の降る日に考える(みきお、80代男性)

☆江畑先生からのコメント

→  晴れている日には、あまり深い思索はしませんよね。雨の日には、雨の日だと、思いを巡らす。そんな時間があったりします。この作者は、「生きること」について、思索を巡らしました。その中身を、読者にいろいろと想像させる含蓄のある作品です。

 

 

今回もたくさんの魅力的な句をいただきました♪

 

詳しい音声は、こちらからチェックしてみてください!

 

さて、次回のお題は「パンチ」です。

送り先は・・・

【FAX】 043(203)0579

【郵便】 〒260-8610 千葉市中央区千葉港5-1 

NHK千葉放送局 ひるどき情報ちば 川柳係

 

→メールでの応募はこちら←

 

締め切りは、7月1日(月)必着です。

たくさんのご応募、お待ちしております。

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:16時00分

ページの一番上へ