2019年04月15日 (月)カードすり替え型詐欺&新年度に防災チェック!


こんにちは♪ 小村 美記(おむら・みき)です。

 

「ひるどき情報ちば」(NHK千葉FM80.7MHz)

きょうのコーナーは「ニュースアップちば」と「ひるどき特集」。

小川アナウンサーと一緒にお送りしました。

 img_20190415123321.jpg

写真右側の方は日本赤十字社千葉県支部総務課長の津田直人さん

日本赤十字社公式マスコットキャラクターの「ハートラちゃん」と一緒に

スタジオにお越しいただきました♪

 

 

 

『ニュースアップちば』

「急増!カードすり替え型詐欺」をテーマに 杉山加奈 記者に解説してもらいました。

 「カードすり替え型」と呼ばれる特殊詐欺は、どんな手口なのか?

まず、詐欺グループは、うその電話をかけて被害者の自宅を訪問。

玄関などでキャッシュカードを確認し、口実をつけてカードを封筒に入れさせます。

そして、その場を離れさせた隙に、カードを偽物とすり替えてしまうんです。

 

例えば、カード会社の職員を名乗る男から「のどが渇いたので水をいただけますか」と言われ

台所に水を汲みに行った隙に、封筒に入れたカードをすり替えられて、

その後、口座から現金120万円を不正に引き出されてしまったケースもあるそうです。

 

 詳しくはこちらから☆

 

『ひるどき特集』

きょうは新コーナーの「防災ちば」をお送りしました。

 毎回、日本赤十字社千葉県支部の防災の専門家をゲストにお招きしてお話伺います。

 1回目のテーマは「新年度に防災チェック!」

日本赤十字社千葉県支部 総務課長 津田直人さんに話を聞きました。

 

生活スタイルが変わったことで身近に起こりうるリスクも変わる。

だから、学校や職場で起こりうる災害は何かを確認する必要はあります。

・高所からの落下物やガラスの飛散が発生しないか。

・家具などが倒れてこないか。

・最寄りの避難場所はどこか。

・食料や水はどれくらい備蓄してあるか。

・家族がどこに避難するか把握しているか。

などなど、しっかり確認しましょう!!

 

 そして、お知らせです。

日本赤十字社千葉県支部では、きょう4月15日(月)から6月28日(金)まで

写真パネル展「平成の災害と赤十字 語り継ぐ。過去から学び、未来に活かす」

が開催されています。(開館時間午前9時~午後5時。土日祝日は休館)

 平成に起きた災害を写真で振り返るとともに、救護の現場で使用している機材や

救援物資、救護日誌、防災教育用の教材などを見ることができます。

 

私も、平成の初めに長崎県で起きた雲仙・普賢岳噴火災害の噴石を見せてもらいましたが

テレビでみて想像していた噴石よりも大きく感じて、災害の怖さを改めて実感しました。

 

音声はこちらから、どうぞ☆

 

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時08分

ページの一番上へ