2019年01月07日 (月)~弥生人DNA分析&パラリンピック紙芝居~*廣田瞳*


こんにちは!廣田瞳です♪

今年もどうぞよろしくお願いします!

新年最初のFM「ひるどき情報ちば」は、

    田中洋行アナウンサーとお送りしました!

ニュースアップ千葉

 “弥生人の実像に迫ると題して

金敷匡史記者に聞きました。

img_20190107120806.jpg

最新の研究によると

弥生時代の始まりは紀元前10世紀ごろ。

紀元後3世紀にかけて1200年にわたって

弥生時代が続いていたことになります!

現代日本人には

弥生人のDNAが8割ほど伝わっているといいます。

その実態を明らかにすれば

私たちのルーツの解明につながっていくはずです。

鳥取県の青谷上寺地遺跡でみつかった

弥生人の骨のDNAを

佐倉市にある国立歴史民俗博物館が調査したところ

人骨は弥生時代末期のもので

シベリア、中央アジア、中国、朝鮮半島、東南アジア

多彩な地域にルーツを持つことが分かったそうです。

現代人にどのようにつながっているのか

今後の研究が楽しみですね!

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

ひるどき特集

来年の東京パラリンピックに向けて

パラスポーツを題材にした紙芝居で注目されている

紙芝居師かみはるさんが登場!

kamiharu3.jpg

かみはるさんは船橋市出身の29歳。

生まれつき股関節に障害があり

2本の杖を使って体を支えながら

全国各地で紙芝居の口演をされています。

かみはるさんが手がける

パラリンピック紙芝居とはどのような紙芝居なのか

詳しく教えていただきました。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

きょうの内容の一部は、しばらくの間、

こちらから聴くことができます!

*廣田瞳*

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時00分

ページの一番上へ