2018年03月08日 (木)一年のまとめ&去る ~遠藤 由佳子~


こんにちは。 遠藤 由佳子です。

きょうのFM「ひるどき情報ちば」

東葛川柳会 代表の江畑哲男さんとお送りしました。

img_20180308130411.jpg












(左:坂内美佐子さん、右:江畑哲男さん)

***************************************

『千葉と防災』、今日のテーマは“一年のまとめ”

地域防災インストラクターの坂内美佐子さん

1年間の放送を総ざらいしました

あらためてお話いただいたことは・・・

①ひとりひとつ非常持ち出し袋を準備する
それぞれ必要なものが違うので 
懐中電灯 ・ローソク ・携帯ラジオ ・水 ・アメ ・エネルギー食品のほか、
各人が必要と思う最低限のものを、一人ひとつ用意して
災害時、すぐに持ち出せる場所に置いておくことが必要です★

②屋内で安全を確保できる対策をしておく
家具や家電を固定する、窓ガラスにフィルムを貼る、
食器には滑り止めシートなど突然の揺れなどに備えることが必要です★

③通勤、通学、外出時の混乱に対応できる方法を考えておく。
災害時は無理に移動しない、車にも災害用品を準備しておく
そして、豪雨 ・強風 ・突風 ・積雪などが予測される場合は
不要不急の外出を控えることが大切です★

災害はいつ起きるか分かりません。

新年度が始まるということで、今一度災害時の対策を確認してみてはいかがでしょうか。

***************************************

『ひるどき川柳』のお題は”去る”

佳作は・・・

ライバルが去って 目標見失い(かきくけ子さん)

ロッカーを磨き 現役去る覚悟(やまさきあそかさん)

どなたにもお辞儀 深々職を辞す(鈴木正義さん)

孫が来て どんどん去って行く諭吉(花キャベツさん)

取り損ね 通過していく皿の寿司(蕎麦酔人さん)

去る者は追わず 未練がまた残り(氷川の杜さん)

去る人を追わず 一言居士の冬(草加せんべいさん)

去る者は追わず 心で泣いている(さくら餅さん)

去る者を追い掛けてゆく ストーカー(むさ詩さん)

スマートに去れない ドアが閉まらない(十六夜さん)


続いて、銀賞は・・・

団体が去れば シーズンオフとなる(加藤 当白さん)

★江畑さんからのコメント★
この発想は、他の句にはありませんでした。
「去る」という題で、個人ではなく団体を思い浮かべた点が、作者のお手柄なのです。
川柳は、「発想」と「表現」、この二つを練りあげていくことが大切なのです。



続いて、金賞は・・・

子が巣立つ 母も一緒に自立する(相葉和子さん)

★江畑さんからのコメント★
この作品。「子が巣立つ」でいったん切りましょうか。
「子が巣立つ」、その後に「母も」と持ってきたところが素晴らしい。
「一緒に自立」すると詠んだところに、ぜひご注目下さい。
この句は川柳としても優れておりますが、
「子育てはどうあるべきか」という観点からも絶賛したくなる、そんな作品です。
いやはや、川柳ってじつに深いのです。


続いて、大賞は・・・

置手紙 花一輪が添えてある(マンボーさん)

★江畑さんからのコメント★
その「絵」が見えるようですね。映画か何かの一シーンを見ているような作品です。
印象的、かつ技巧的な作品に仕上がりました。
皆さんはこの一句からどのようなドラマを感じとったでしょうか?
作者はどのような気持ちでこの作品を詠んだのでしょうか?
そのあたり、放送でぜひお伺いしたいものです。


詳しくはこちらからチェックしてみてください!

次回のお題は「学ぶ」です。

送り先は・・・
FAX 043(203)0579
郵便 〒260-8610 
千葉市中央区千葉港5-1 
NHK千葉放送局 
ひるどき情報ちば 川柳係

→メールでの応募はこちら

締め切りは、3月26日(月)必着です。

***************************************

遠藤 由佳子

投稿者:キャスター | 投稿時間:18時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ