2018年05月14日 (月)「テントウムシ」と「たまねぎ狩り」


こんにちは、伊藤です。
今日はニュースアップちばとひるどき特集をお届けしました。

img_20180514131107.jpg
写真左は、金敷匡史(かなしき・まさし)記者。
右は田中アナウンサー。

前半は ニュースアップちば。
テントウムシを農家のために役立てようという取り組みを紹介しました。

テントウムシは野菜や果物に被害を与えるアブラムシの天敵です。
アブラムシは農家にとってかなりのやっかいもの。

アブラムシの駆除にテントウムシを活用した取り組みがはじまりました。
でも、テントウムシはすぐに飛んで行ってしまいます。

そこで、駆除に必要な時にだけ飛ばないようするアイデアを
東金市にある千葉県立農業大学校の学生たちが思いつきました。

農薬を減らすこともできるので「飛ばないテントウムシ」への
期待が高まっているそうです。
→詳しくはこちらから。

 

 

 

後半は、ひるどき特集。
白子町で開催中の「たまねぎ狩り」について紹介しました。
ぶどう狩り、いちご狩りはよく聞きますが・・たまねぎ狩りって??
→詳しくはこちらから。

 

スタジオで試食した、生たまねぎ。
甘くて、おーいしい!!!!

img_20180514131121.jpg
白子町のあらゆるたまねぎ畑で
今月いっぱい、たまねぎ狩りができるんです!!
目印は、旗!!

 

どこで体験できるかは、白子町の公式HPから
「たまねぎ狩りMAP」をご覧ください。

img_20180514131146.jpg

※たまねぎがなくなり次第終了なので、確認してから出かけてくださいね!!



投稿者:キャスター | 投稿時間:17時08分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ