2018年02月08日 (木)川柳~お題は雪~♪ *廣田瞳*


こんにちは!廣田瞳です♪

きょうのFM「ひるどき情報ちば」は、

東葛川柳会の代表で、千葉県 川柳作家連盟 副会長の

江畑哲男さんとお送りしました!

千葉と防災は、

SL災害ボランティアネットワーク

地域防災インストラクターの

坂内美佐子さん

気象災害発生時の準備と避難

についてお話しいただきました。

img_20180208123131.jpg

減災への一歩として、

先月の地震に引き続き、今月は

水害、風害、土砂災害、雪害、噴火について。

テレビやラジオなどから事前に情報が得るようにし、

それぞれの状態や状況に併せ、

適切と思われる時期を見定めての避難が出来るよう、

普段から“準備と心がけ”

しておくことが大切なんだそうです! 

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

ひるどき川柳、

お題は“雪”

入選句

「初雪へ 待ってましたと五七五」
(さくら餅さん、柏市、70才以上 女性)

「車ある家が 雪かき まず始め」
(鈴木正義さん、千葉市、70才以上 男性)

「大人でもついムキになる雪合戦」
(麦乃さん、佐賀県唐津市、60才以上 女性)

「はしゃぐ子の 泥も混じった雪だるま」
(草加せんべいさん、埼玉県草加市、70才以上 男性)

「初雪や 下駄が名句を期待する」
(泰平楽さん、神奈川県横浜市、 70才以上 男性)

「不合格 息子が雪のせいにする」
(ぴちれいさん、大阪府高槻市、40才以上 女性)

「誰だってペンギンになる雪の道」
(ぷいこるとさん、茨城県筑西市、60才以上 女性)

「スーパーが特売になる 明日は雪」
(十六夜さん、神奈川県横浜市、50才以上 女性)

「雪景色 インスタ映えの赤いほほ」
(ヒメ父さん、茂原市、50才以上 男性)

「雪しんしん 犬は墨絵のなかを駆け」
(やまさきあそかさん、岡山県岡山市、70才以上 女性)

「冬寒く雪が降るのが当たり前」
(家内守さん、愛知県丹羽郡、50代以上 男性)

✩✩銀賞✩✩

「屋上から雄叫び上げて落ちる雪」
(神奈川県横浜市、60代男性、蕎麦酔人さん)

江畑先生のコメント
そう、「ドサッ」と落ちてきたりしますよね。
「ワオー」といった動物的な音に聞こえることもあるのでしょうか?
屋根から落ちてくる雪の音。
その迫力のある音を、作者は「雄叫び」と表現しました。
いやぁ、面白い、勇壮で見事な比喩でした。

✩✩✩金賞✩✩✩

「雪だるま午後はメイクも溶けてゆく」
(宮崎県宮崎市、60代男性、アカエタカさん)

江畑先生のコメント
こちらも比喩を使っております。
こちらは一転して、ほんわかとした比喩です。
そう言うことだったのですか。
だんだん、雪だるまの顔が緩んでいく・・・
アレは「メイク」が溶けていくということなのですね。
面白い見立て、見事な比喩です。

✩✩✩✩大賞✩✩✩✩

「花見より上品にのむ雪見酒」

(埼玉県久喜市、70歳以上男性、花キャベツさん)

江畑先生のコメント 
川柳らしい川柳。
雪見酒の句はたくさんありましたが、
花見酒と比較しての1句。
そう言われればその通り!そんな気がします。さすが!!
川柳人の「穿(うが)ち」というものは、的を射ておりますね。

 

次回のお題は「去る」です

投句はこちらから

お待ちしています (^^)

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

きょうの内容の一部は、しばらくの間、

こちらから聴くことができます!

*廣田瞳*

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:14時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ