2018年10月30日 (火)【釣りアナ紀行】カワハギ・エサとり名人との一騎打ち!


rakkakawahagi.jpg

『千葉日報さんとの共同釣り企画、釣りアナ紀行。
 今回はこの時期の東京湾の恵み、カワハギの釣りラッカ!』

ラッカ星人、良く知ってますねえ。実は食欲の秋は魚にもあてはまるんです。
寒くなる前に盛んにエサを食べ、栄養を蓄える魚、 カワハギ 

カワハギはその栄養をまず、肝(肝臓)にためるため、冬に向かうカワハギの肝には
脂肪がたまり、膨らんでいきます。
その肝をお醤油に溶かして、お刺身をつけて食べると・・・
★もう~絶品★なんです。
kawahagi8.jpg
ただし、この魚「エサ取り名人」の異名を持つほど、釣るにはテクニックのいる魚だそう。
果たして、田中は・・・釣れるのか!?
(それにしてもかわいい顔していますね。笑)

kawahagi3.jpg kawahagi1.jpg
今回は東京湾の釣りものに強い、浦安の吉野家さんの船で富津沖に向かいました。
一時間半ほどで釣り場に到着。
船長は船のスピーカーで「はい、水深は15メートル。どうぞ」
太公望20人ほどが、各々こだわりの仕掛けを一斉に海底に沈めます。

実は田中、カワハギは何度も釣ったことがあります。
アジなどの別の魚を狙って堤防から釣りをするときに、時々かかるんです。
kawahagi10.jpg
しかしこのようなカワハギ専門の船は初めて
まずはの船長の石原一樹さんに海の様子を伺います。
「場所は富津市の竹岡沖です。水深は15メートルから30メートルくらい。
海底は、砂地と固い岩場が続いているのですが、砂地と固い岩場のちょうど脇の所に
カワハギはいます。

もう少し水温が下がると、深いところに移動して群れて固まるんですが、
まだそこまで固まりきってない状況ですね」

まるで海底を見ているような想像力。
船長はお客さんの釣り糸から見えない海の中を見ているんです。
その深い観察力にはいつも脱帽です。

エサ アサリのむき身 です。
kawahagi4.jpg
3本の針にそれぞれ1つずつ付けます。

ほどなくして、うまい人はカワハギを釣り上げていきます。

ところが、私は竿先に魚のシグナルを感じるのですが・・・
上げてみるとエサは無し
それが10回以上繰り返されます。

私が釣れない中、隣りに座った東京都板橋区からお越しの男性は、3匹も釣れています。
kawahagi9.jpg
一体、どういうこと?船長!
「カワハギはエサを食べにきたら、すっと竿を上げると、それに食いついてきます。
その“誘い”をすると、エサを口にくわえるので、その瞬間、合わせるのです」

つまり、竿を置いたままで釣れる魚ではなく、こちらから誘い、さらに掛けるという
高度なテクニックが必要なんです。

石原船長の言葉を守り、竿先に神経を集中させます。

すると、竿にモゾモゾ・・という感触。
20メートルの海底からのカワハギの信号です。
すっと竿を上げると・・・
突如、竿先を引きこむアタリ!
それに合わせて素早く竿を立てます
次の瞬間、竿は強く引き込まれ、グンッグンッという強い引きがありました。

kawahagi6.jpg
引きが強いので、もっと大型かと思いましたが、きれいな魚体の
カワハギが釣れました!
kawahagi12.jpg kawahagi11.jpg
この日の東京湾は秋晴れの穏やかな海
ぽかぽかの日差しと海風を感じ、気持ちがリフレッシュします。
これも釣りのだいご味です。

松戸からいらっしゃった大西さんも私と同じくこの釣りははじめて。
コツをつかんで、釣れるようになりました!

kawahagi5.jpg kawahagi15.jpg
私も数を重ねます。
結局、私は7匹のカワハギと2匹のシロサバフグを釣って終了。

でも、竿頭(船で最も釣った人)はなんと34匹!
圧倒的にテクニックの差を感じました。
kawahagi16.jpg
この日一番の大物を見せてもらい、石原船長と記念写真。
船長いわく、
「エサのつけ方、誘いかた、合わせ方、それぞれにテクニックがあります。
 そして、かかった時の強い引き。はまって何度も釣りに来るお客さんは
多いですよ(笑)」

その気持ち、とてもよくわかりました!

さて、調理開始。
kawahagi17.jpg
その名の通り、皮をするっと剥いで、お刺身、お味噌汁などに。
kawahagi18.jpg
そして肝を溶かした醤油にお刺身をちょんちょんと付けて食べると・・・。
もう・・・言葉が出ないですね・・・。(アナウンサーのくせに・・・)

いや、ここは敢えて客観的なコメントが欲しい!
翌日、会社で刺身にして「ひるどき情報ちば」のキャスターたちに食べてもらいました。

「肉質はあっさりしていますが、肝醤油が濃厚なので一切れでも満足感がありますね」
「身も歯ごたえがあって、甘くておいしいです」
「肝醤油がこってりしてておいしい。日本酒が欲しくなります」

私の感動が具体的なコメントになりました。
これが東京湾の恵みです。釣った甲斐がありました(笑)

いや~、ラッカ星人、千葉の海、実に豊かですね!

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:10時30分

ページの一番上へ