2018年07月31日 (火)【釣りアナ紀行】銚子・夏のヒラメは目の前に?


rakka_camera43.jpg
『千葉日報さんとの共同釣り企画、釣りアナ紀行。
 今回は日本一の漁獲量を誇る銚子ラッカ!夏のヒラメを狙うナッツ!』

ヒラメは大きくなると1メートルを超える肉食の魚
この時期、銚子で良く釣れているということです。
でもどうしてよく釣れるのでしょう?
その豊かさを訪ねに、ヒラメ釣りの老舗、福田丸さんを
訪ねました。
hirame27.jpg

午前4時半。銚子外川漁港
ここからヒラメ釣りの船は出ます。
hiramee4.JPG
外川は「ぐるっと自転車旅」で千葉県を一周したときのスタート、ゴール地点。
ぐるっと自転車旅HP
海から見るとまた違った風景に見えますね。
hirame3.jpg hirame6.jpg
いざ出航!と思いきや、船は港の外ですぐに止まってしまいました。
 “ヒラメの餌” を釣るのだそうです。
釣り人10人でサビキという仕掛けを下すと・・・
hirame7.jpg hirame13.jpg
hirame9.jpg hirame12.jpg
15センチから20センチのサバが大漁!あっという間に数百匹!
この海にはすごい量のサバやイワシがいるようです。

この魚を足下のバケツに生かしておきます。
hirame17.jpg
 犬吠埼灯台 が霧の中にありました。幻想的です。
ほどなくしてヒラメのポイントに到着。
船長の福田稔さん「はい、水深9メートル」の声。
一般的に、海の船釣りは沖合数キロで、水深20メートル以上。
岸に近く、非常に浅いので、不思議な気分になります。
hirame20.jpg hirame14.jpg
サバに2本、針をかけ、60号の重りで9メートルの海底に下します。
釣り始めから2時間ほどたったころ、隣に座った千葉からお越しの田中さん
(私じゃない)の竿にいいアタリ!!
上がったのは50センチ、1キロのヒラメ。お見事!
(羨ましい・・・)
hirame31.jpg hirame32.jpg
一方の私、田中、なかなかアタリがありません。
全般にきょうはアタリが少ないようです。

船長の稔さんと、女将のるみ子さん、あることに気が付きます。
海からくみあげた水に手を入れると、海水が冷たいのです。

「いやあ冷たいねえ。底潮(そこじお)が冷たい。これじゃ上には
 食いあがってこないねえ・・・」。

きょうは水が冷たく、ヒラメがエサを積極的に追わないのだとか。
海底から1メートルほど浮かせてサバを泳がせていましたが、
ヒラメの目と鼻の先にエサを持っていかないと食べないと言うのです。

そこで仕掛けに少し手を加え(捨て糸を短く)、竿で底を
意識してみることに。
すると・・・るみ子さんの竿が大きくしなります。
hirame21.jpg
hirame25.jpg
hirame44.jpg
☆やった!70センチ。4キロ近いヒラメ☆を釣り上げました。
実は女将のるみ子さん、東京浅草生まれ。
釣り好きが高じて、この船宿に嫁いだベテラン釣り師だったのです。

あれ?船長と ご結婚 なさっているんですよね?
船長・・・お歳は・・・?
hirame41.jpg
「え?」
hirame40.jpg
「70・・・半ば。それは秘密なんだってぇ~」。
若い奥様とのご結婚だったんですね(笑)。

その稔船長のアドバイスもあって、ついに田中の竿にも。
hirame37.jpg
45センチ、1キロのおいしそうなヒラメが釣れました。
よかったぁ~。
それにしても、この海域。
hirame38.jpg
そこに見えているのは、銚子ポートタワー・・・ですよね?
銚子港の目と鼻の先にポイントがあるんですね。
この日、船に乗った釣り人は10人。
合計で30匹のヒラメが釣れました。

外川港に戻り、改めて福田稔船長女将るみ子さんにお話を伺いました。

田中:「小魚がたくさん釣れて、ヒラメもたくさん。豊かな海なんですね!」

稔船長:「うちのおやじが、イワシ(鰯)というのは丘のお米と一緒で、
弱いっ漢字で書くけど、これが入ってこないとヒラメもタイも不漁で
終わっちゃうとよく言ってました。  利根川 から 真水 が絶えず入って、
プランクトンが多く、小さな魚から、中、大と魚が集まってくる。
本当に昔から恵まれている漁場ですよ」。

るみ子さん:「あちこちでヒラメ釣りをしてきましたが、最終的に
銚子にたどりつきました。この沖で 黒潮  親潮 とがぶつかり、色々な
潮が複雑にぶつかるのがいいのだと思いますよ」。

銚子は現在、7年連続で日本一の漁獲量を誇ります。
多様な海の水が豊かな海を支えているんだとヒラメ釣りを通して
感じることができました。

さて、釣ったヒラメはその日のうちにお刺身に!
hirame58.jpg
そして、一日寝かせた刺身を会社でふるまいました。
小村さん、味、どう?
hirame62.jpghirame64.jpg
「ん?!!あっま~い」。

でしょ?(笑)

噛むほどに口に広がる、淡泊で上品な甘み。これこそ銚子の恵み。

いや~、ラッカ星人、千葉の海、実に豊かですね!

稔船長、女将のるみ子さん、色々お手伝いくださった齊藤さん、
ありがとうございました!
hirame46.jpg

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:09時26分

ページの一番上へ