2018年05月29日 (火)【釣りアナ紀行】ルアーを作ってスズキを釣る!


surfingrakka31.jpg  seabasshunter35.jpg

『千葉日報さんとの共同釣り企画。田中ヨーコー釣りアナ紀行。
 今回はルアー釣りナッツ!人と魚の知恵比べ。がんばってスズキを釣るラッカ♪』

今回の釣りは、なんと準備期間が2か月という大プロジェクト!

実はことしはじめ、総合テレビの「あさイチ」取材で出会ったアパレル関連の仕事を
している橋本翼さん
大の釣り好きで、ルアーの制作、販売もなさっているとのこと。
もちろん、同じ釣り好きの田中と意気投合★
「ルアー作り、教えていただけませんか?」とお願いしたところ、快諾いただき、
仕事(アナウンサー)の合間を縫ってルアーを作ってきたのです。

ということで、今回の釣りは木を削るところからスタート!
先は長いですが、橋本さん、お願いします!!
hashimotosan.JPG
橋本さん『たくさん釣れるルアーを作りましょう!(笑)』

seabasshunter7.jpg
使う道具はホームセンターで購入できるものばかり。
バルサ材針金カラースプレーなどなど。
いざ、制作開始!

seabasshunter38.jpg seabasshunter37.jpg
①まずはバルサ材にルアーの原型を写します。
seabasshunter9.jpg seabasshunter10.jpg
②重りを入れる穴をあけ、釣り用の鉛の重り、釣り針を付ける針金を入れます。
seabasshunter12.jpg seabasshunter11.jpg
③重りと針金を2枚のバルサ材でサンドイッチ!それを流線型の魚の形に削っていきます。
柔らかい木とはいえ、だんだん手が痛くなってきます・・・。
seabasshunter14.jpg seabasshunter33.jpg
④削った木をエポキシを使ってコーティング。ピカピカに!
しっかり乾燥させること1か月。
seabasshunter34.jpg seabasshunter15.jpg
⑤スプレーで塗装します。まずは銀をベース。続いて背中の黒。
seabasshunter16.jpg seabasshunter17.jpg
⑥色づけしたルアーに目のシールを付けると・・・お!ルアーっぽくなった♪
seabasshunter18.jpg
色違いで2種類作りました。でも、本当に釣れるかなぁ・・・
seabasshunter36.jpg
たくさん釣れると思いますよ!(笑)
seabasshunter19.jpg
「ルアー作りは お菓子作りに似ている と思うんです。
 オレンジのお菓子を作るのに、いかに本物のオレンジを使わず
 イメージさせるか。ハンドメイドルアーは工芸品に近いと思います」
と橋本さん。
syussen7ji.JPG
5月中旬。いよいよスズキ釣りに挑戦です。
東京湾の北部。千葉港の岸壁に潜むスズキを狙います。
seabasshunter1.jpg
『実はきょうのポイントはゴカイのような動きをするルアーがいいんです。
 そのルアーではちょっと難しいかもしれませんが、がんばって1本釣りましょう!
 ・・・と、船橋のガイド船「海猫」の三枝優船長。
つまり腕が試されるってことですね。
seabasshunter22.jpg
船橋港を出航!大都会は海まで明るいです。
seabasshunter3.jpg seabasshunter4.jpg
いざ釣り開始!手作りルアーでスズキを釣るぞ!
seabasshunter2.jpg
キャストを繰り返します。
seabasshunter26.jpg seabasshunter27.jpg
あちこちに移動しながらポイントを狙っていきます。
スズキは光の影に潜み、明るい場所を泳ぐ小魚を狙っています。
ですので、なるべく光の影にルアーを投げこみ、引いてきます。
seabasshunter25.jpg seabasshunter23.jpg
しかし、辺りも暗いのでこれが実に難しい・・・
コンクリートの岸壁にルアーが激しく当たってしまい、大切なルアーは無残にも
塗装がはがれ、傷だらけに。
釣竿握ってウン十年。自分のテクニックの未熟さに心底がっかりです。
なかなか釣れず、だんだん弱気になってきます。
seabasshunter24.jpg

およそ4時間数百回のキャストの末、ついにその時がやってきました。
ルアーを引く竿に一瞬重さを感じ、次の瞬間、ガツン!ガツン!
鋭く竿が引き込まれました。
落ち着いて魚の力をいなしながら、リールを巻き、ついに!

seabasshunter5.jpg
    やった~! およそ60センチのスズキ!   
seabasshunter6.jpg
しっかり作ったルアーにかかっています。
その直後、橋本さんにも。
seabasshunter28.jpgseabasshunter30.jpg
橋本さん「やりました!!久しぶりに手が震えました・・・(笑)」
seabasshunter32.jpg
過酷な戦いの末、塗装がはがれ、ボロボロになった自作ルアー。
でも橋本さん「家に帰ってこの傷をニヤニヤしながら思い出す時間もいいんですよ(笑)」
とのこと。
minnadekinen.JPG
深夜1時。釣り終了。

田中、実はこれまでルアー、エサ問わず100匹以上のスズキを釣ってきました。
でも、これほど一匹のスズキに感動したのは初めての経験でした。

バルサ材に人が手を加えることで、本当に魚が釣れる。
その制作の行程でスズキを深く想像し、その習性に触れることができたからですね。
実際に魚を手にすると、大都会の海でリアルに生きる姿敬意のようなものすら覚えました。

橋本翼さん、そしてガイドの三枝優さん、本当にありがとうございました!

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:10時00分

ページの一番上へ