2018年04月10日 (火)【自転車旅】ドキドキの八千代市へ


yachiyorakka.jpg
『新年度最初は八千代市を走るラッカ!
 教育委員会にドキドキを訪ねるナッツ!』

千葉県一周を終え、「ちばをぐるっと自転車旅」
装いもあらたに、「田中ヨーコーちば自転車旅」となります。

これからは内陸部を走り、54市町村走破を目指します。
引き続き、応援、お願いします!

まずは、八千代市・・・とのことです。
でもドキドキ・・・って何?
yachiyo8.jpg
印旛新川沿いのサイクリングロードに到着。
気持ちいいサイクリングロードですね。
さあ、新年度も元気に漕ぐぞ!

yachiyo5.jpg
八千代市はこのパネルにある通り、中心を印旛新川が流れています。
川沿いにサイクリングロードが整備されています。
ここから印旛沼経由で利根川に向かって平地を走るのも気持ちよさそう!
yachiyo3.jpg yachiyo4.jpg
サイクリングロード沿いの桜は花びらは散っていました。
ことしの桜はずいぶん早かったですね。
でも、足下の小さな野の花は少しずつ春らしく、咲きはじめています。
しばらく走ると、満開の花を発見
yachiyo13.jpg yachiyo11.jpg
実はこの花、ナシの花。ナシ棚は上部が白い花畑になっていました。
yachiyo14.jpg
八千代市はナシの栽培も盛んで100年の歴史を誇るそうです。
9月になるとナシ狩りが楽しめるそう。
市街地に向かって走ると、坂が・・・。
yachiyo9.jpg
う~ん、意外と坂が多いんですね。

息を切らして上って心臓がドキドキしますが、う~ん、
ラッカ星人のドキドキはこれではなさそう・・・。
しばらく走って教育委員会の入る建物に到着。
yachiyo30.jpg
「こんにちば~。」
「すみません、ラッカ星人からドキドキを訪ねろと言われて来たのですが・・・」
対応してくださったのは、教育総務課で文化財を担当なさっている宮下聡史さん
新年度の「ひるどき情報ちば」のパンフレットを持って写真を一枚。yachiyo2.jpg
きょうはよろしくお願いします!
「あ、ドキドキってこれだぁ!」
yachiyo26.jpg
宮下さんは八千代市の文化財に携わって5年。
毎年発掘の調査に携わっています。
おもむろに八千代市の地図を見せてくれました。
yachiyo19.jpg yachiyo20.jpg
実はこの地図、八千代市遺跡分布図赤く囲ってあるのは遺跡の範囲。
市内の多くが赤く囲ってあります。
すごい数ですね!
yachiyo29.jpg
「八千代市は3万5000年ほど前の旧石器時代からの遺跡があるんです。
 時代時代よって赤い範囲から抜けるところもありますし、
 逆に密集する範囲はありますが、
非常にたくさんありますね」。

特によく出土するという土器を見せてもらいました。
yachiyo22.jpg
何か文字が書いてあります。「冨」です。
この土器、「墨書土器(ぼくしょどき)」と言い、奈良時代から平安時代
作られた土器だそうです。

この頃、八千代市には仏教が入り、宗教的な「寺」や「仏」と言った文字や、
「朝日」や「東西南北」などの自然を記した土器も多いそうです。
yachiyo24.jpg yachiyo25.jpg
「寺坏」「朝日」など書いてありますね。
それにしても・・・1000年以上前の人、とめ、はね、はらい、
筆を使ってきれいな文字を書いています。
1200年後の私の筆跡を見たらがっかりすると思います。
ご先祖に顔向けできない・・・。

それにしても、どうして八千代市はこんなに昔から人が住んでいるんでしょうか?
yachiyo28.jpg yachiyo27.jpg
「印旛沼というのも、はるか昔に霞ヶ浦につながる“香取の海”といって大きな
 内海になっていたんです。八千代市は下総台地に細い谷がたくさんあり、
 今の印旛新川など、その谷のまわりに遺跡が展開しているんです。
 時代時代によって水面が谷の奥深くまでいったり、あるいはもっと引いたり
 して景色は変わっていたんでしょうね・・・」。

つまり田中が自転車で走った印旛新川は穏やかな海辺。
アップダウンの多い地形は谷が多かった証なんですね。
そんな里の自然と穏やかな水辺が広がる八千代市は多くの人が
豊かに暮らしてきた・・・。
そんなお話を聞くと、自転車から見る景色も変わってきます。

八千代市は毎年のように文化財の調査が行われ、その結果などを年に3回程度
展示会を行って公開しています。
また八千代市郷土博物館↓でも、無料で土器や歴史を学べます。
yachiyo15.jpg yachiyo16.jpg

千葉県内陸部の旅、一回目。
ラッカ星人、文字通り、昔の八千代にドキドキしましたよ!

千葉県、内陸部も奥深いぞ・・・

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:00時00分

ページの一番上へ