2017年12月11日 (月)【自転車旅】利根川を下る旅・第二弾!


rakka_camera45.jpg
『田中アナ、利根川の旅、第二弾ラッカ。
 このあたりは空が広くて気持ちいいカラ、
 今回は、きれいな風景の写真を撮ってくるナッツ!』

ラッカ星人の指令を受けて田中が千葉県をぐるっと回る自転車旅。
残すところ利根川を数十キロ下るのみ。
あらためて千葉県の大きさを実感しますね。
今回は利根川の旅、第二弾河口付近に向かいます。

まずは、前回の終着地点、木下(きおろし)駅
いざッ!
kinoshitakatori1.jpg
あれ?・・・なんかいい香りがするぞ

いい匂いは駅前のこちらの建物から。
kinoshitakatori5.jpg
おせんべい屋さんでした。
急いで自転車を組み上げ、お店に入ります。
「こんにちば~」と入ると・・・しょうゆの香ばしい香りが充満!
kinoshitakatori4.jpg kinoshitakatori3.jpg
食欲がそそられます。
炭火で一枚一枚、ていねいに焼かれ、カラン、カラン♪とひっくり返す
音が響きます。
作業されている方にお話を聞いたところ、
「冬はあったかくていいですが、乾燥しているのでおせんべいが
 割れやすく気をつかいます」とのことでした。

素敵なおやつを手に入れ、自転車を漕ぐ足も軽快!

駅からすぐの利根川河川敷に出ると・・・
widentonegawa.jpg
やっぱり広い~。ラッカ星人、きょうはいい写真、撮れそうです。
まずは最初の一枚
kinoshitakatori9.jpg
『利根川と筑波山』
う~ん、景色はきれいだったのですが、写真にすると伝わりませんね。
川が青いのが印象的でした。
海までの距離を示した標識もありました。

kinoshitakatori10.jpg zenkai121.jpg(前回)
関宿は 121.0K の標識でしたから、前回からおよそ47キロ
下ったんですね。
さあ、堤防のサイクリングロードを走ります!
シャカシャカシャカ~♪
kinoshitakatori14.jpg
少し空気は冷たいですが、それほど風もなく自転車日和。
信号もないので、まさに自転車のハイウェイです。
kinoshitakatori12.jpg kinoshitakatori11.jpg
日差しもあり、影もくっきり。栄町に入りました。
それにしてもこの日の空は 本当にきれいな青 でした。
kinoshitakatori16.jpg
空のさは広い川面にも反射して、川も
自転車を漕ぐと、青さが目にいっぱい飛び込んできます。
そんな青い空を泳いでいる青い“コイ”を発見!
写真をパチリ!
kinoshitakatori17.jpg
『濃い青空を泳ぐ青いコイ』・・・どう?
でも・・・どうして?!
近くに看板がありました。ラジコン飛行機の滑空場でした。
風の方向を見たりする吹き流しに小さな鯉のぼりを使っていたようです。
kinoshitakatori18.jpg
空は成田空港を飛び立った飛行機が頻繁に飛んでいきます。
そんな中、こんな飛行機も。
kinoshitakatori19.jpg
グライダーがプロペラ機(単発機)に引っ張られて上昇中。
空の滑空、気持ちいいでしょうね~。
しばらく走ると、ちょっと変わったところにも飛行機を発見しました。
kinoshitakatori32.jpg
実は、ここ、道の駅「発酵の里こうざき」の施設の上なんです。
子供が何人も遊びに来ていました。
kinoshitakatori33.jpg
ここでトイレ休憩。サイクルラックもあって、ありがたいです!

そして、この道の駅を過ぎると、ついにこの標識。
kinoshitakatori35.jpg
海まで 50キロ !!
ここまでの千葉県一周の道のりを思い出しながら、更に海に向かって
自転車を漕ぎます。
すると堤防の斜面にしゃがみ込む方を発見。
何・・・しているんでしょう?
kinoshitakatori45.jpg kinoshitakatori41.jpg
「こんにちは~何とっているんですか?」と声をかけると・・・。
kinoshitakatori43.jpg kinoshitakatori44.jpg
「え?倒れていると思った?(笑)」と面白いことをいうおばあさん。
80歳になるという松本さん、採っていたのは ヨモギ でした。
ここのヨモギは太陽の光をいっぱいあびていい香りがするそう。
実際に揉んで匂いをかぐと、いい緑の香り。
「ヨモギもち」用に友人に頼まれて採っているそうです。
松本さん、ありがとうございました。
kinoshitakatori37.jpg
香取市に入りました。
ここで地図を見ていた田中、大事なことを思い出しました。
『千葉県は必ずしも利根川が県境ではない・・・』
そう、6月、あやめで有名な「水郷佐原」は利根川の向こう側にあるんです。
ということは・・・海まで〇キロ・・・は田中の旅のカウントダウン
ではなかった・・・。
まだ50キロ以上あったんですねアハハ。

ということで、水郷大橋を渡り、利根川を超えます。
kinoshitakatori49.jpg

7キロほど北に漕いで、とうとう、「ちーばくん」の頭のてっぺんに。
地図で言うと、ここ↓
kinoshitakatori52.jpg
何があるかと言うと・・・
kenkyo.jpg
横利根川常陸利根川(ひたちとねがわ)を結ぶ水門でした。
ちーばくんの頭のてっぺん(耳のてっぺん?)は水門だったのです。

地図を眺めると、霞ヶ浦は目と鼻の先。
ちょっとエッケン行為をしたくなりました。
千葉を思う気持ちがひときわ強いラッカ星人には申し訳ないのですが、
茨城県へ、越県、越境~ちゃりちゃりちゃり~♪
kinoshitakatori53.jpg

すごい、、みたい・・・だ。

kinoshitakatori54.jpg
『霞ヶ浦と筑波山』
筑波山が対岸にかすんで見えます。
日が傾いてきました。そろそろ本日の旅を終えないと・・・

地図を見ると、最寄駅は茨城県。
今回は潮来(いたこ)駅で自転車をたたみました。
でも、この写真でラッカ星人、満足してくれるかな~と
ぼんやりしていると・・・
kinoshitakatori57.jpg
本日最高の景色が車窓の外に。
twilightend.jpg
『千葉県の黄昏』
常陸利根川の上からの千葉県の黄昏(たそがれ)。
千葉県が輝く一瞬でした。
ラッカ星人、どう?
goody.jpg
千葉県側に沈む夕日、なかなか見ないラッカ!
いい写真ナッツ!

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:20時11分

ページの一番上へ