2017年07月29日 (土)【自転車旅ときどき釣り】旬到来!東京湾のマダコ釣り


『今回の自転車旅は、千葉日報さんとの共同釣り企画、「ときどき釣りバージョン」ラッカ!
 田中アナ、夏の釣りもの、しっかり釣って千葉の海の豊かさ表現するナ~ッツ!』
surfingrakka.jpg

イエス、マスター!
今回も自転車を置いて釣ってきますよ~。
ずっと気になっている釣りがあります。
タコです。
タコは夏に旬を迎える水産物。
特に東京湾のマダコは絶品だと言います。
「でも・・・タコでしょ?」

タコ(高)をくくっていると・・・

「いやいや、田中さん、東京湾のタコは、ほんっとにおいしいんです。
 ぜひ釣って食べるべきです!」とは、東京湾の生き物博士、
 神奈川県水産技術センター主任研究員、工藤孝浩さん。

madakofuttu3.jpg

工藤さんとはもう10年のおつきあい。
不肖田中も大学で水産を学んだ人間ですが、
工藤さんはその道のスペシャリスト。
プライベートでは釣り友達として何度も一緒に釣りをさせて
頂いています。
それならば、と、今回は工藤さんのお知恵と専門知識を拝借して、
富津沖、東京湾のタコ釣りに挑戦です!
(工藤さんが一緒なら100人力。釣れたも同然です・・笑)

タコ釣りは、こんな仕掛けを使います。
madakofuttu4.jpg
ひときわ大きな針のついた(写真上部)テンヤと呼ばれる
プラスチック製の板にカニ(ガザミ)がしばりつけてあります。
写真下部の赤いものは重りです。
この仕掛けを操るのが・・・この手!

madakofuttu7.jpg
竿は使いません。
指ゴムを着けた手で、太目のテグス(釣り糸)を操ります。
madakofuttu6.jpg madakofuttu5.jpg
釣り方は、富津の釣り船、川崎丸の石井広一船長が出船前に丁寧に教えてくれます。
「タコ釣りは、運か6~7割。技術が3~4割。誰にでもチャンスがありますから、
 根気よく基本に忠実にやってください」とのこと。
この日は28人が乗船。さあ、釣れるか?!

madakofuttu8.jpg madakofuttu15.jpg
朝日を背に、穏やかな東京湾を進みます。
大型船を近くに見ながら釣りをするのは東京湾ならでは。
ポイントに到着早々、隣に座っていた方に大物がかかりました。
madakofuttu10.jpg
なんと2.8キロ。いきなりの大物に、私と工藤さん、目を丸くします。
釣った鈴木さん、高揚してほんのり顔が赤い?(笑)いいな~。

仕掛けを海底にコンコンとあてるように指でタコを誘っていると・・・
ぐ~っと重たくなりました。
『来た!』
急いで糸を手繰り寄せます。
海底から数メートルほどあげたところで、それまで手に感じていた重さが
急に軽くなりました。
あ、れ??
痛恨のバラシです。悔しい・・・。

そんな私を後目に、船内はコンスタントにタコがあがります。
アタリのない工藤さんと私、言葉少なになります。
madakofuttu17.jpg madakofuttu18.jpg
一時間が経過したところで再度、田中にアタリ!
さっきはしっかり針にかかっていなかったのでしょう。
今回は水の中のタコとじっくり向き合うことにしました。
指に伝わるのは、魚とは明らかに違う引き。
タコがテンヤを触っているのがわかります。
まるでゴムのようです。
その力が徐々に強くなります。タコが体ごとテンヤに乗ったのです。
えい!っと糸を大きく引っ張ると、心地よい重さが手にかかりました。
焦る気持ちを抑えつつ、一定の調子で糸を引き上げます。
やった!
madakofuttu12.jpg madakofuttu11.jpg
はじめて釣った東京湾のタコはこの大きさ!。なんと2.2キロもありました。
ほどなくして工藤さんにもアタリ!
madakofuttu13.jpg
工藤さんは1キロ!
やりましたね!二人、大満足です。
(あ、満足って、足が満たされるって書くんだ・・・タコ釣りにぴったりだ)
madakofuttu16.jpg
アナ田中
「でも工藤さん、どうして富津沖はタコが多いんでしょう?」
工藤さん
「富津沖は東京湾でも狭い海域で、プランクトンの多い
 栄養豊富な潮が速く流れているんです。
 実際にこのあたりに潜ったことがあるのですが、
 タコの隠れ家になりそうな岩場が広がっています。
 こういった地形は貝やカニ、エビといったタコの餌が
 豊富にあるばかりでなく、東京湾の中なので、
 タコの天敵のウツボがいないのがタコにとって
 絶好の環境なんでしょう」とのこと。
つまりはとっても豊かな海域なんです。

それを裏付ける証言を聞きました。
madakofuttu20.jpg
川崎丸の石井広一船長です。
「先日、かかったタコが、イセエビを抱えて上がってきました。
 ときどき、ウチムラサキという大きな貝を抱えてくるタコも
 いますよ」。
ええっ?本当ですか?!
釣った人は、タコイセエビをセットでゲットしたとのこと。
まさに海の一石二鳥の現象がおきたそうです。

さて、釣ったタコはと言うと・・・?
takomeshi.jpg
ゆでダコ、刺身、タコ飯にして食べたところ、
あまりの美味しさにびっくり!!なんだ?このおいしさは・・・?
うま味が濃く、甘みもあり、絶品。
正直、・・・・骨抜きにされました。タコだけに。

いや~千葉の海、実に豊かですね!
工藤さん、石井船長、ありがとうございました!
madakofuttu21.jpg madakofuttu19.jpg
(工藤さん、また行きましょう!)          (川崎丸のアイドル、チビちゃん)

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:00時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ