2017年05月28日 (日)【自転車旅ときどき釣り】鏡ケ浦に輝く☆キス☆


こんにチバ。アナウンサーの田中です。
今回の自転車旅は、千葉日報さんとの共同釣り企画、「ときどき釣り」バージョンです。

rakkacameras.jpg
『今回の釣りは、日本一自由な?釣り船の船長さんと千葉の海を楽しむナッツ!』

風の吹くまま気の向くまま、日本中の海に船を浮かべて楽しむ釣りがあります。
それを可能にするのが、このボート。
車(カー)の上(トップ)に積む船(ボート)で、カートップボートと言います。
kissfishing1tomoe.jpg
今回は、このカートップボート釣りの第一人者、小野信昭さんと館山湾のキス釣りに挑戦。

kissfishing4tomoe.jpg
沖ノ島の浜から鏡ケ浦(館山湾)へ、いざ、出航!

kissfishing3.jpg kissfishing5.jpg
午前5時すぎ。海は穏やか。波音と鳥のさえずりが心地よい朝です。
船の大きさは3.8メートル。友恵丸と言います。
船外機や、旗、魚群探知機などを取り付けると、立派な釣り船になります。
onosan.jpg
小野信昭さんは横浜に住む54歳。
以前、NHKの釣り番組でご一緒して以来の釣友(ちょうゆう)です。
ふだんは会社員として働きながら、休日ごとに海に浮き、
なんと!年間70日から80日もこうして釣りをしているそうです。
ステキな笑顔は好きなことを充実させている証拠。
憧れの笑顔です。
既に友恵丸で47都道府県を制覇。特に気に入っているのが、
千葉県の海なんです。
「千葉県は外房には大海原。内房には東京湾という豊かな海がある。
 南房総は南方系の魚や回遊魚がまわってきて、カンパチなどの
 思わぬ
大物の出会いがあるんですよ。千葉の海、最高ですよ!」

kissfishing8.jpg

アナ田中:「でも、小野さん、3時間竿だしていますが、キス、釣れません・・・」
小野さん:「人間の食い気はあるんだけどなあ・・・笑(魚肉ソーセージをもぐもぐ)」

釣れないときの釣り人は、言い訳が多くなります。

「きのう海が荒れたから浅いところの魚はどこかに逃げてしまったのかもしれません」
「シーズンはじめは気温が安定しないからキスは難しいんですよ」
「いや、餌がなくならないところを見ると、魚が全般にいないんでしょう・・・」
釣り人はここでは決して、自分のテクニックが悪いことを認めません。

でも、本当にこのままでは、魚屋でキスを買って帰らなければならいかも!!!

弱気が魚に伝わらないように、竿をギュッと握ります。

突然、ゴツンゴツン!と大きなあたりがありました。
キスとは違った引きです。
上げると、30センチの立派なホウボウでした。
おいしい外道です。やっと魚の顔を拝めました。
kissfishing7.jpg
何でたべよっかな~。

私たちと同じようにカートップボートの釣り船が近づいてきました。
kissfishing9.jpg kissfishing13.jpg
なんと、少年が高級魚、マゴチを釣り上げていました。
しかも50センチの大物。うらやましい~~~。

お昼に向かって少しずつ魚の活性が高まってきたようです。
いい感じだぞ・・・。

エサのジャリメ(ゴカイの仲間)に食いつく、ブルブルッブルブルッという
小気味よい当たりがありました。
間違いない!キスです。
上がってきたのは20センチの良型のキスでした。よかった!

kissfishing10.jpg
念願の一匹。
kissfishing14.jpg kissfishing15.jpg
一匹釣れると、がぜんやる気が出てきます。
竿で海底の起伏を探して、キスの通りそうなところで仕掛けを置くと・・・
ブルブルッ!

また来た!いい引き!
「おーいい型だねえ~」。
小野さんと、互いのサイズをほめ合います。

今回釣れたキス、本当にいいサイズだったんです。
左の写真、通常、天ぷらなどでおなじみのキス。
およそ15センチです。(500円玉の直径は2.65㎝)
ところが、今回釣れたキスはほとんどが右の写真のような20センチオーバー。
kissfishing21.jpg kissfishing22.jpg
この大きなサイズになると、お刺身や、塩焼でおいしいんです♪
引きも、まるでアジを釣ったかのよう感じです。

午後3時。船をあげました。
kissfishing19.jpg
そろいもそろって、大型のキスが15匹
キス釣りとしては数はそこそこですが、この大きさなら、かなりの満足感♪
魚体がキラキラ☆輝きます。
kissfishing17.jpg
角度によってピンクブルーに輝いていました。
館山湾の別名は鏡ケ浦。鏡のようにピカピカのキスです。

小野さん、やりましたね!
15kisstomoe.jpg
「イワシが回遊してきたら、イワシを釣って、それを餌にヒラメやコチが狙えます。
 館山湾は本当にいい海で、足を運ぶ価値のある海です。また一緒に釣りしましょう!」

また友恵丸に乗せてください!小野さん、ありがとうございました!
釣果のホウボウはみそ汁に、キスは刺身にして、館山の海に舌鼓を打ちました。

千葉の海、実に豊かですね!

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:10時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ