2017年05月14日 (日)【自転車旅】♪どこへ・・・行くのよ?♪


singsingsing.jpg

『どこへ行くのよ~知らぬ土地だよ~♪。今回からは川の旅。
 川は気持ちいいから、イキイキしたものを探すナッツ!』


ラッカ星人の指令を受けて田中が千葉県を自転車で回る自転車旅。
今回からはいよいよ川を北上する旅です。
出発は浦安市舞浜の、夢の国
朝9時。たくさんの車が駐車場に入っていっていました。
田中の「知らぬ土地」を走る旅は、ここから出発です!
cycnagareyamasyuppatu.jpg
「イキイキ」発見の旅、了解!
でも・・・ラッカ星人、何の歌、歌ってるの?


千葉と東京の境を流れるのが旧江戸川。対岸が東京都です。
広い川幅。ざっと300メートルあるようです。
土手の道を走ります。
cycnagareyama38.jpg
5月に入り、白い花が一面に咲いています。花の季節です。
川沿いには等間隔に釣り人が並び、大きなスズキを狙っていました。

cycnagareyama37.jpg 
浦安の旧市街に入ると、川沿いに屋形船釣り船が並びます。
山本周五郎の「青べか物語」の舞台。旧江戸川沿いは昔の面影が残ります。
cycnagareyama35.jpg cycnagareyama36.jpg
川沿いの道は信号もなく、スイスイ進みます。
古い灯篭がありました。
江戸時代、江戸川を渡るために灯された「常夜灯」です。
市川市の文化財に指定されていて公園になっていますが、
その土手からは、「キャー♪キャー♪」黄色い声が響きます。

近づくと、本当に黄色い帽子が。
なんだか土手に咲いたタンポポのよう
こちらまで楽しい気持ちになりますね。
tampopo.jpg
ラッカ星人、本日、一つ目の「イキイキ」ですよ♪

cycnagareyama32.jpg cycnagareyama31.jpg
旧江戸川をさかのぼること10キロ。「旧」がとれた江戸川に合流しました。
川幅がぐんと広がります。
この江戸川の河口に、東京湾の干潟、三番瀬が広がります。
そして、川には「イキイキ」がいっぱい!
cycnagareyama25.jpg
カメが甲羅干しをして、
cycnagareyama7.jpg
テントウムシが動き回り
cycnagareyama29.jpg
ネコもイキイキ散歩・・・ではないか(笑)。
気温が上がってきて、動植物が一気に存在感を増してきました。
市川市は大都会の印象でしたが、川沿いは緑がいっぱいでした。

cycnagareyama8.jpg
開放的な川沿いの土手。自転車旅には最高です。
信号もなく、スイスイ進みます。
ふと、右手を見ると・・・
cycnagareyama24.jpg
「矢切の渡し」の看板・・・おー、ここかぁ!
松戸市に入ってきました。
川を移動することで、地理がよくわかります。
旧江戸川の河口からはおよそ20キロ
対岸は寅さんの葛飾柴又のハズです。

自転車を止め、水辺に渡し船を見に行きました。
cycnagareyama21.jpg cycnagareyama22.jpg
木々の奥に、ろ漕ぎの船が浮いていました。音もなく近づいてきます。
片道、200円とのこと。
田中、ちょっと船で東京に行ってみることにしました。
cycnagareyama18.jpg cycnagareyama17.jpg
ろ漕ぎの船は本当に静かに動き出しました。川を吹く風鳥の鳴き声
動力船では味わえない素敵な時間が流れていました。

船では、お年寄りグループと一緒になりました。
東京在住の80歳。
大学の経済学部の同窓生で、時々こうして旅するそうです。

『経済学部出て、高度経済成長を過ごしてきたんだよ』と笑います。

cycnagareyama20.jpg
まさに戦後日本の経済成長を支えてくださった方々です。
「ひるどき情報ちば」のパンフレットをお渡ししました。
船上の「イキイキ」したステキ紳士との出会いでした。

結局田中は乗ったまま再び千葉へ。

あれ?ラッカ星人の「どこへ行くのよ・・・知らぬ土地だよ~」の歌って、
ひょっとして・・・
石本美由起さん作詞の「矢切の渡し」の三番の歌い出しでした。
意外と自転車に合いますね・・・。

ということで、矢切の渡しのメロディーを口ずさみながら自転車を漕ぎます。

cycnagareyama10.jpg cycnagareyama9.jpg
松戸駅にも立ち寄りました。川沿いの緑と、都会のにぎわい
鉄道ではわかりませんでしたが、意外と隣接しています。
それもそのはず。
松戸市は水運の港、河岸(かし)として栄えた歴史がありますからね。

再び川へ。
土手の道を行き、カメラを構えていると、突然、
足下から“バタバタバタ!”
         「!!!!!!」
大きな鳥が飛び立ちました。
cycnagareyama13.jpg
一羽の頭は赤く、尾が長く立派です。
のペアのようでした。
文字どおりの「足下から鳥」にびっくりさせられました。
イキイキしすぎです。

快適に土手を進むと、河口から30キロの標識を発見。
(自転車道はこの土手の下。上は遊歩道です)
cycnagareyama6.jpg cycnagareyama5.jpg

旧江戸川からだと、35キロくらいでしょうか?
そろそろ足も張ってきたので、
今回の旅はこのあたりで終えることに・・・
でも、なんか見たことにある景色・・・・。

土手を下りると、以前、あさイチのロケで何度も訪れた「流山」でした。
【ちりん、ちりん♪みりん、みりん♪流山の旅】
お世話になった酒店に、ふらり立ち寄り、「こんにちば~」
cycnagareyama2.jpg
次回はここからスタートするとお話しすると、
店主の金子巌さん、この自転車を預かってくれるとのこと。

これは助かります。ありがとうございます!
来月まで「ラッカ号」をよろしくお願いしま~す。
cycnagareyama1.jpg
最後は流山のイキイキした方にお会いして終了。
千葉の川沿いの旅、なかなか魅力的だぞ!

今回の自転車旅の放送はあす15日(月)。
午前11時からのFM「ひるどき情報ちば」をお楽しみに!

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:10時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ