2016年10月17日 (月)『ゆっくり走ろう。房総の道』


rakkagohan.jpgのサムネイル画像

『田中アナ~、いよいよ房総半島の南端ナッツ。
千葉の魅力、灯台と海を堪能してくるナ~ッツ!』(ラッカ星人)

イエス、マスター。頑張ってきます!
でも、本当は夏には館山を回っていたかったんです。
しかし相次ぐ台風で、自転車ではなく、台風中継で何度も館山入りすることに・・・。
自転車旅、順調に(?)遅れています。

さあ、今回も気合いを入れて出発だ!
minamihara.jpg
(出発前のバナナ・・・うまい)

8月の終点、JR南三原駅(みなみはら)から出発です。
まずは、千倉へ。
ここは5月にテレビで放送した「ひるブラ」でお世話になった神社。
めずらしい“料理の神様”をまつった高家神社(たかべ)です。
「この後も、いい旅ができますように・・・(いい食にありつけますように?)」
takabejinja.jpg ryouri.jpg
ひるブラでは、貴重なアワビを奉納する「包丁式」という儀式をご紹介しました。
その時にお世話になった一人、堀江洋一さんを訪ねることにしました。
こんにちば~。
horie-san.jpg
なんと、堀江さん、その後、南房総市の観光協会の会長に就任なさっていました。
お忙しくされているようですが、「南房総市の話題なら任せて!」と仰るので、
一緒にお昼をいただくことになりました。
『これから産業祭りやイベントでちょっと面白いことを考えている。
 こんなアイデアで・・・・ごにょごにょごにょ・・・』
堀江さんのお話はユニークで、これからの南房総市がますます楽しみ!
ひるどき情報ちばでも是非、取材させてください!

楽しいお話の時間はあっという間。お別れすると、時刻は1時半になっていました。
          あ・・・まずい。
目的の館山まではあと40キロ。日没までに走れるか?!
あわてて自転車を漕ぎだします。
umizoi.jpg
まず目指すは房総半島最南端、野島崎灯台。
いつもよりちょっとスピードをあげて、左に海を眺めながら、快適サイクリング。
うん、快調、快調!45分ほどで到着~。
 nojimazakigood.jpgのサムネイル画像 nojimazakiichi.jpg
 銚子 からはじまった自転車旅。とうとう 千葉県の南の端 までやってきました。
やりました!!!
太平洋から岩場に打ちつける波の音もちょっと特別に聞こえます。

でも、タナカ、ここから先が辛くなってきました。
気持よかった浜風も、抵抗に感じるように・・・
軽かったペダルも重たく感じるように・・・
日没までに館山駅に着きたい・・・気持ちが焦ります。

そんなとき、ふと、頭上に現れた電光掲示板。
yukkuriikouze.jpg
なんだか田中に向けられた言葉のような気がしましたね。
大事なことをアドバイスされた気がしました。

海沿いをゆくと、7キロにも及ぶ砂浜の海岸、平砂浦(へいさうら)です。
つとめて、ゆっくり。
砂浜を超えると伊戸地区。
ここも5月のひるブラでお世話になった場所。
ダイビングショップにの皆さんにごあいさつ。
「あれ?田中さん、プライベート?」
「いや・・・実は・・・」

diverbommy.jpg
また海の情報、教えてください!

伊戸地区を超えると・・・
『洲崎漁港!』
sunosakigyoko.jpg
この夏、台風の接近情報をお伝えするのに、何度、この船や港、海の波を
実況したことでしょうか・・・。
この後ろの船、みんな 遊魚船 なんです。いつか釣りに出たい!
tengusa.jpg
港には、寒天の原料、  ↑ テングサ が積まれていました。
ことしは台風のうねりで海底のテングサがちぎれ、
海岸に多く打ちあがったそうです。
港では、女性たちが干したり、ゴミを取り除いたりしていました。

そして、午後4時すぎ、 洲崎灯台 に到着!
sunosakitodai.jpg sunosakiichi.jpg
この灯台と、神奈川県の三浦半島の剣崎灯台を結んだ線が東京湾。
まさに首都圏の入口、玄関口です。

観光バスに乗ってきたお年寄りが私の自転車の格好を見て、
声をかけてくださいました。

「若いっていいわねえ~」(そんなに若くないのですが)。
「NHK千葉放送局で、番組をPRするために、自転車漕いでいるんです」
「え?」(ちょっと耳が遠いようで・・・)
「いや、NHKで」
「NHKぇ?あー、いいわよねえ。みてますよぉ~」
「いや、千葉放送局はラジオ放送を出していまして・・・」
「え?ラジオ?ラジオはわからん。あはは」
「あはは」(タナカ笑ってごまかす)
つくづく、あせらず、ゆっくり行こうとおもいましたね。
tokyobayfromsunosaki.jpg tikyuunozomu.jpg
東京湾は穏やか。青空にそびえる灯台はとてもきれいですね。

日没まであと、一時間。
ゆっくり、ゆっくり・・・

日没直前、館山湾に到着しました。
この湾の別名は、 鏡ケ浦(かがみがうら) 
自転車を倒し、鏡のように穏やかな海に沈みゆく夕日を、しばし眺めました。

tateyamabay.jpg
ぜいたくな時間です。

本当は一年で千葉県を一周するつもりだった自転車旅ですが、
このペースではちょっと難しいですね。

でも、焦っては千葉の魅力はわからない。
改めて、出会いと景色を楽しみながら、ゆっくりいこうと思いました。
やっぱり、『ゆっくり走ろう!房総の道』ですね。

 

 

 

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:10時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ