2016年09月05日 (月)ちりん、ちりん♪ みりん、みりん♪ 流山の旅



『田中アナ、せっかく千葉県の南まできたけど、台風が来ているカラ、今回は田中アナが
良く知っている流山市を訪ねるナッツ!』

順調にいけば、今回は房総半島の南を回る予定でしたが、8月下旬は台風が相次いだため、
ラッカ星人からは、県の北部のご指定でした。
でも、なぜ田中が流山に詳しいのか・・・と言うと、この夏、「あさイチ」のコーナー、
“ジャパなび”でご紹介するため、しばらく流山をロケしていたんです。

放送は9月7日、ぜひご覧ください。
ということで、今回は自転車でめぐる流山の魅力です。
bigri.jpg
流山の魅力にびっくり!流山総合運動公園にて 「続き」をクリック!≫

まずは、流山観光の拠点駅、「流山駅」です。
駅は流山市の南西に位置していますが、この駅の江戸川方面に、昔ながらの蔵や神社などが
点在しています。
sngrymtation.jpg
(ムム・・・きょうは暑いぞ・・・)
国の登録有形文化財に指定されているこの蔵もその一つ。
towa.jpg sweetpoteto.jpg
実はこの蔵、カフェギャラリーになっています。中ではこんなスイーツを味わえます。
これはスイートポテト。でも、ただのスイートポテトではありませんよ。
みりんを煮詰めた、「みりんシロップ」がたっぷりかけられているんです。
ほんのりと、こうじの香りと、複雑な甘みがするおいしいシロップです。

実は、白いみりんは流山が発祥の地。
akimoto.jpg
オーナーの秋元由美子さんはせっかくの町の特産をなんとか生かせないかと
みりんを使ったスイーツを考えたそうです。

流山はかつて醸造業で栄えました。
原料の大豆やコメは江戸川を使って運ばれました。
製品となったしょうゆやお酒、みりんもまた、江戸川を使って運ばれていました。
まさに地の利が地域の産業を支えていたのです。
流山には今も醸造の会社がいくつかあるのですが、昔ながらの製法でみりんをつくっている
会社がいまもあるので、今回は自転車でぶらりその会社を訪ねることにしました。
alot.jpg
道中、駅から1キロほど走って流山市総合運動公園に到着!
そこで出会ったのが、冒頭の写真。トーテムポールの数々!その数、50本以上
totem.jpg friends.jpg
なんでも、25年前、地元の木工会社があったのがきっかけでこの公園で
トーテムポールを作る大会が開かれたそう。
世界各地から80チーム以上が参加して、その作品が今も残っているんです。
夜、一人でこの公園散歩するのは、ちょっと怖いかも・・・。
hengao.jpg
でも、肝試しにはいいかも・・・

自転車は北に進路をとります。流山市の北部にゆくと、開放的な景色になります。
実はここ、かつて運河として船が行き交う場所でした。
tone.jpg
利根川と江戸川を結ぶ、「利根運河」です。
いまは運河としての役割を終え、親水公園やサイクリングロードが整備されています。
そんな運河の歴史を学べるのが、こちら、利根運河交流館
koryukan.jpg
足を踏み入れてみると・・・・
ginnanrakka.jpg
おや!?我がマスター、ラッカ星人がいる!!どういうこと?!
交流館の方に伺ったところ、制作された方がすぐ隣におすまいとのころで、連絡をとって
くださいました。
amaki.jpg
待つこと、数分・・・天木誠司さんが来てくださいました。
なんと、4年前、ひるどき情報ちばに出演してくださった方でした。
rakka.jpg
 『天木さん、お久しぶりナッツ!こんなところで出会えるなんて嬉しいナッツ!
 4年前の10月、ひるどきトークでギンナン細工についてお話ししてくれて、
 この人形をつくってくれたんだ。これからもひるどき情報ちば、よろしくナッツ!

天木さんは、ギンナンの殻を使った人形、ギンナン細工の作者。
ラッカ星人の人形は本物の落花生のカラで作ってくれていました。
市川市出身の天木さん、このあたりの自然が気に入って定年後、居を構えたそうです。
kawasemi.jpg seguro.jpg
利根運河交流館には、天木さんの制作した鳥などのギンナン細工が飾られていました。
毎日散歩する利根運河。生活の一部とお話してくださいました。


素敵な出会いを経て、再び自転車を漕ぎます。
サイクリングには気持ちいい景色が続きます。
cycling.jpg
目指すみりんの会社もこの運河沿いにあります。
利根運河の土手の下にありました。
kaisya.jpg
この土手が無い頃は、この建物から運河に直接レールが敷かれていたそうです。

こんにちば~
中に入ると、甘~い、いい香り。
なんと、みりんのもろみを絞る作業の真っ最中でした。
sqeez.jpg sibori.jpg
杜氏(とうじ)の窪田芳太郎さんです。
yositaro.jpg

窪田さんの酒造会社は、機械を使わず、国産のもち米で江戸時代に飲まれていたものに
近い
みりんを作っているんです。

窪田さんいわく、
みりんは調味料のイメージがありますが、かつては高貴な女性たちがたしなむ
 甘いお酒だったんですよ」。

そうなんです、みりんはお酒なんです。
残念ながら自転車旅でみりんをたしなむわけにはいきませんでしたが、取材で以前頂くと、
お酒としても、とってもおいしいんです。まさにお米のリキュール!

自転車でぶらり流山を走ってみましたが、川と運河と醸造業の結びつきがよくわかりました。


さて、
あさイチでも、このみりんについてはたっぷりお伝えしますよ。
一緒に旅したのは俳優の渡辺徹さん
「みりんスイーツ」をはじめ、「子育て」や、きらめく「万華鏡」を大柄の男二人でキャッキャと訪ねる
ちょっとユニークな
あさイチ、今月7日放送です。ぜひご覧ください。
minnnato.jpg
万華鏡作家の中里保子さん、俳優の渡辺徹さんと。

 

投稿者:アナウンサー | 投稿時間:10時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ