2017年06月27日 (火)旬!中継&加曽利貝塚博物館の魅力 ~遠藤 由佳子~


こんにちは 遠藤 由佳子です。
img_20170627124327.jpg


















(加曽利貝塚博物館 学芸員の木口裕史さん。
ファイルにいるのは、加曽利貝塚PRキャラクター「かそりーぬ」)
 

きょうのFM【ひるどき情報ちば】は・・・

『旬!中継』『発信!わがまち』『おすすめミュージアム』

3つのコーナーがありました

***************************************

 

県内のフレッシュな食材にこだわった場所からお届けする

 

『旬!中継』は、

 

中村香織キャスター野田市からお届けしました。

 

今日紹介したのは

 

今が旬の「枝豆」を使った料理(^O^)

 

野田市では、市内で100軒を超える農家が枝豆を栽培していて、


生産量日本一になったこともあります

 

そして、野田では枝豆の出荷の仕方にこだわっています


それは・・・さやが枝についた状態で出荷しているんです!


枝豆は収穫した瞬間から水分が減っていくので、

 

写真のようにすると、枝にある養分で身の鮮度を保つことができるそう

 img_20170627141654.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 










(中村キャスターのお土産の
枝つき枝豆!とっても甘くて美味しかったです

 

そしてこの時期、枝豆を使った大人気の料理は・・・


「野田市の食宝庫ナンバー1パスタ・つけ麺仕立て」。 

img_20170627140533.jpg














春菊、白菜、トマト、キュウリ、ナス、トマト、枝豆などの夏野菜が


トッピングされたパスタに


「呉汁」という枝豆を使ったつけ汁をつけていただきます

 

野田市では、


大豆ではなく枝豆をすりつぶして味噌汁に入れたもの


「呉汁」と呼んでいます(^O^)

 

中村キャスターに料理の感想を聞くと・・・


「呉汁に枝豆の粒が残っていて濃厚な枝豆の味がして、


さっぱりとしていてパスタとよく合います。」とのこと

 

このメニューを考案した、渡辺孝(わたなべ・たかし)さんは、


「野田の枝豆は本当においしいと思っています。


これからも新しいメニューを考えて、


いろんな形で発信して広めていきたいです。」


とお話してくださいました(^^)

img_20170627140754.jpg















(左から渡辺さん、中村キャスター、店員の櫻井さん)

 

タンパク質が豊富で栄養たっぷりな枝豆を食べに、


野田駅から歩いて20分ほどのこのお店に


足を運んではいかがでしょうか

 

コーナーの放送はこちらから

 

***************************************

 

県内54市町村の話題をお届けする『発信!わがまち』では

 

南房総市で来月開かれる

 

「第53回南房総白浜海女まつり」を紹介しました。

 

このイベントは


豊穣祈願・安全祈願の願いを込めて開かれる


とても幻想的な千葉県でも最も大きな夜祭のひとつです。

 

中でも、見どころは「海女の大夜泳」!!!


白装束に身を包んだ海女たちが、手に松明を持って夜の海を泳ぎます。

 

この催しは、

 

漁に出た漁師さんが、夜になっても帰ってこず、


海女たちがその漁師を探しに夜の海へ松明を持って泳いで捜索した・・・


という伝説にもとづいて、行なわれているそう。

 

この「海女の大夜泳」は、女性限定ですが、


泳げなくても参加することができます (^O^)

 

他にも「郷土民謡白浜音頭総踊り」、「龍神の舞の奉納」


など様々な催しが楽しめますよ!!!

 

「第53回南房総白浜海女まつり」


7月15日、16日、17日の3日間、お昼の12時から夜の9時まで開かれます。

 

コーナーの放送はこちらから

 

***************************************

 

『おすすめミュージアム』のコーナーでは

 

学芸員の木口裕史(きぐち・ひろし)さん

 

「加曽利貝塚博物館」の見どころについて伺いました。

 

加曽利貝塚は先月、国の特別史跡に指定されることが決定しました。

 

この貝塚は東京ドーム3個分の面積を持つ日本最大級の貝塚で、


形は数字の8字型!!

 

さらに、2000年間、同じ場所で人々が生活してきた歴史から、


様々な埋蔵物が発掘されています。

 

例えば・・・

img_20170627124515.jpg












「埋葬された犬の骨」
!!!


この「骨」になってしまった犬は

 

倒れてそのまま死んでしまった・・・

 

という様子ではなく


人の手によって、足を揃えて横にされた状態で

 

土に入っています。

 

木口さんのお話によると・・・


「現代の私たちと同じように、


縄文人も犬と仲良く暮らしていたんだと思います。


その表れが亡くなった時に

 

埋葬するという形で残っているんだと考えています。」


とのこと。

 

埋蔵されたものから当時の人々がどんな暮らしをしていたかが分かるんですね

 

加曽利貝塚の特別史跡の指定は今年の秋頃になるそうです!!!


楽しみですね(=^・^=)

 

コーナーの放送はこちらから

 

***************************************

 

遠藤 由佳子

投稿者:キャスター | 投稿時間:18時00分

ページの一番上へ