2017年04月24日 (月)おすすめミュージアムと旬!中継 *廣田瞳*


こんにちは!廣田瞳です♪

きょうのFM「ひるどき情報ちば」は、

田中洋行アナウンサーとお送りしました!

伊藤優キャスターは鴨川市からの中継です!

 img20170425134352.jpg

最初のコーナーは、おすすめミュージアム

千葉市美術館の学芸員、山根佳奈さん

「絵本はここから始まった ウォルター・クレインの本の仕事」展について伺いました。

 

本の仕事を中心に、クレインの芸術を本格的に紹介する

日本で初めての展覧会!

ほぼすべての絵本と主要な挿絵本を網羅する約140点を展示。

 

また、クレインとともに絵本の黄金時代を築いた

画家ケイト・グリーナウェイとランドルフ・コールデコットの作品

約40点も合わせて展示されます。


詳しくは、千葉市美術館のホームページをご覧いただくか、

電話043-221-2311にお問い合わせください。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

発信!わがまちは、

市原市の「いちはら×アートミックス2017」について、

市原市役所 経済部 参事 中島雅人さんに伺いました!

 

いちはら×アートミックスは、

市原市南部の里山を舞台に、

若手の現代アーティストの作品と地域活動団体の作品・ワークショップを、

少子化によって廃校となった小学校を主要会場として、

高滝ダムと湖畔にある美術館や市民の森などを会場に開催する芸術祭です。


31組の現代アート作家の作品が

旧内田小・里見小・月出小・白鳥小や

市民の森に展示されています。


また、今回は「地域プロジェクト」と称し、

旧白鳥小では地域の文化団体や飲食店、近隣自治体のNPO法人など、

アマチュアの参加している会場もあります。

さらに今回は市内小中学生に

小湊鉄道駅や芸術祭会場へウェルカムボードを作成してもらったほか、

芸術家が作品に使う布の蝶々を600羽作ったり、

小学生の絵画約2100点の展示などもあります。


詳しくは、いちはら×アートミックス2017のホームページをご覧いただくか、

電話0436-50-1160にお問い合せください。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

旬!中継は、

県内のフレッシュな食材にこだわった場所からお届けする新コーナー

伊藤優キャスター鴨川市から生中継しました。

 

場所はJR内房線、江見駅から歩いて10分ほどの海沿いのお店。

房総半島の房総を訓読みすると?

そこから取った名前を店名にしています。

それだけ千葉に、いや房総の食材にこだわったランチを出しています!!!

 img20170425140119.jpg

全て房総の食材を使っているそうです!

今が旬のもの、その日に調達したものを使うので、

日によってメニューも変わるんだとか!



お店の代表の小野薫さん

食を通して、房総の魅力や、

食材を作っている人の背景も発信していきたいと話してくださいました。

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

きょうの内容の一部は、しばらくの間、こちらから聴くことができます!

*廣田瞳*

 

 

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時25分

ページの一番上へ