2014年07月31日 (木)熱中症対策 小林若菜♪



こんにちは!小林若菜です♪


暑い日が続いていますが、

みなさん、1日にどれくらいの水分をとっていますか?

食品に含まれるものを除くと、私は、少ない日は

1日にコップ3杯分(600ml)くらいしかとっていないことに気付きました。


ある日の私の1日

朝ご飯を食べずに(何も飲まずに)局へ。

そのままラジオスタジオへ。

1時間しゃべりっぱなし。(何も飲まず)


ようやくランチのときに、コップ1杯。

ティータイムにコップ1杯。

夕食のときにコップ1杯。

…終わり


取材やロケの日はもっと飲みますが、1日局にいる日は、こんな日もあります。(+_+)
 

よくしゃべる割に(?)、ちょっとバタバタすると飲み物を準備できずに

すぐ喉の渇きを我慢してしまうんです。

でも、熱中症対策にはこれじゃダメみたいです。


きょうは、しっかり学びました。

FM「ひるどき情報ちば」の「ひるどき特集」のゲストは、

千葉市内でクリニックを開業されていらっしゃる

中村眞人(なかむら・まさと)さんです!

 

20140731_160641.jpg

 

 

中村先生は、健康スポーツ医の資格をお持ちで、

健康とスポーツについての講演活動も数多くされています。


きょうは熱中症対策について。


千葉県によりますと、今年6月30日から7月27日に

県内で、熱中症か熱中症の疑いで救急搬送された人は

790人にのぼり、このうち3人が亡くなっているそうです。


熱中症になりやすい要因としては、

日差しが強い、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどの環境要因のほか、

暑さに慣れない、高齢者、子供、休憩が少ない、肥満、

風邪などの体調不良、睡眠不足、女性に多いトイレに行かないように

水を控えることなどがあげられます。


また性格も関係するそうで、真面目、頑固、気持ちは若い、頑張り屋の方は熱中症になりやすいそうです。

私も真面目で、気持ちは若い(笑)ので、気をつけないといけませんね。(●^o^●)


熱中症の初期症状は、頭がぼーっとする、だるいなど

特に特別な症状ではないようで、根性がない、風邪、寝不足、

年のせいなどと言われて見逃されてしまいがちだそうです。

だからいつも熱中症かもしれない、と疑うことが大切だそうですよ。


いざ熱中症かも、と思ったら、

救急蘇生時と同じようにまず何人か人を呼び、

体温を下げる為に風通しの良い日陰に移動しましょう。


意識がはっきりしないときにはすぐに119番です。


意識がはっきりしていれば、冷えたタオルや冷却剤で身体を冷やしましょう。

首や脇の下、そけい部など、動脈の部位を冷やすと効果的だそうです。


経口補水液も飲ませてください、とのことです。


みなさん、経口補水液ってご存知ですか?


経口補水液とスポーツドリンクは似ていますが、

ナトリウム・カリウム・糖分などの濃度がかなり異なる飲み物だそうです。

糖分・塩分の吸収が良くなるように調整された、点滴の代わりになる飲み物だそうで、

この暑い時期には、熱中症予防として、事前に薬局かドラッグストアなどで買い置きしておくのが良いそうです。


でもどうしても用意できないときのために

手作りドリンクの作り方もお聞きしました。

湯冷まし    1リットル
(沸騰させて冷ました水)

砂糖      40グラム

塩        3グラム

レモンのしぼり汁   少々


いざというときは、このレシピを参考にしてくださいね!

 

日ごろからできること としては、

脱水を予防し、体温を上げないようにする工夫が必要で、

脱水の予防のためには、水分補給をまめにすることだそうです。

体温を下げるには、ぬらしたバンダナやタオルを首などに巻いたりすると良いそうです。


熱中症対策の一環として、

暑さ指数ともいわれるWBGTを測る携帯機器

もっと活用してください、とのことです。

暑さ指数は気温、湿度、輻射熱を計って、熱中症の起こりやすさを知らせてくれます。

5000円前後でポケットサイズの測定器も販売されていますので、

利用してみてはいかがでしょうか?とのことです。


また、この暑さ指数を携帯メールで教えてくれる無料サービスもあります。

環境省のホームページの「熱中症予防情報サイト」というところからさがして、申し込めます。

配信される時間帯や配信されるレベルの設定などもできるようですので、

ぜひみなさん活用して、日ごろから熱中症には十分ご注意くださいね!


私もこれからは意識して水分をとるように心がけます!(*^_^*)


小林若菜♪

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:15時42分

ページの一番上へ