2016年02月16日 (火)ちばブラ ふなばし朝市の巻


こんにチバ~。千葉各地をブラりとめぐる「ちばブラ」。

船橋市の船橋大神宮で開かれた「ふなばし朝市」に行ってきたナッツ!

ひるどき情報ちばでも紹介したよね。

IMG_3945.JPG

地元の品がいっぱい・・・

IMG_3950.JPG

まずは船橋特産の小松菜

IMG_3951.JPG

小松菜をはじめ地元産の野菜は人気ですぐに売り切れてましたぁ。

IMG_3949.JPG

船橋漁港で捕れる魚介類も人気。

こちらは水揚げ日本一のスズキのから揚げ。行列できてました。

IMG_3953.JPG

そして、最近注目のホンビノス貝。こちらは焼いたもの。

IMG_3961.JPG

ホンビノス貝のフライもいただきましたぁ。

IMG_3960.JPG

クラムチャウダーにもホンビノス貝が。

IMG_3959.JPG

アンケートに答えてホンビノス貝のみそ汁をごちそうになりましたぁ。

IMG_3957.JPG

小松菜とホンビノス貝がコラボしたピザ。生地にも小松菜が練りこまれてるよ。

IMG_3958.JPG

ホンビノス貝は佃煮にもなってるんだ。

IMG_3965.JPG

会場には目利き番「船えもん」

IMG_4008.JPG

「船えもん」が選んだ地元の名品が「ふなばしセレクション認証品」。

上のお菓子のあんには船橋産の梨、生地には小松菜パウダーが使われてるよ。

さっきのピザやホンビノス貝の佃煮も認証品。

IMG_3970.JPG

「ふなばし朝市」は今回が22回目。

ここでは来年度も6月、8月、12月、2月に開催の予定なんだって。楽しみだね。

IMG_3976.JPG

つづいて船橋の市街地を散策。こちらは海老川橋。

橋の途中に何かあるぞ・・・

IMG_3975.JPG

船のへさきだね。ここは船橋の地名の由来となったと言われるところ。

IMG_3973.JPG

その昔、海老川に船を並べて板を渡し「船橋」にしたとのこと。

IMG_3981.JPG

昭和33年まで市役所があった場所。いまは公園に。

IMG_3984.JPG

こちらは東照宮。徳川将軍家ゆかりの地。

東金での狩猟のため建てられた船橋御殿があったところなんだって。

IMG_3986.JPG

駅につづく通りの街灯。帆船のデザインがしゃれてるね。

IMG_3998.JPG

人口60万人超の都市にある船橋漁港。

IMG_3999.JPG

漁港では毎月第3土曜日に朝市が開かれてるよ。次は2月20日だカラね。

IMG_4004.JPG

船橋市には作家の太宰治が住んでいたことがあったんだって。

IMG_3988.JPG

その借家に太宰が植えたというキョウチクトウ。

現在は市民文化センターの敷地に移植されてるよ。

IMG_3990.JPG

大正時代に創業の割烹旅館。国の登録有形文化財になってるよ。

太宰治もとう留して小説を書いたと言われてるんだって。

IMG_3992.JPG

沿岸の埋め立て前にあった塩田などの碑。

跡地には遊園地や割烹旅館ができ、作家の川端康成も訪れたんだって。

 IMG_4002.JPG

明治天皇が泊まったところの跡。

IMG_3944.JPG

最後は「ふなばし朝市」の開催地に戻って船橋大神宮。

IMG_3971.JPG

小高い丘にある灯明台は明治時代につくられ、県指定文化財。

約11キロ先まで照らし、政府公認の私設灯台として利用されていたんだって。

投稿者:ラッカ星人 | 投稿時間:12時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ