2014年03月05日 (水)「お尻から出血したら......」  小林若菜♪


こんにちは!小林若菜です♪
 

きょうのFM「ひるどき情報ちば」、

「健康メモ」では、

千葉県医師会の先生をお招きしました。

 

20140305_144718.jpg

 

千葉市内で肛門のクリニックを開業されていらっしゃる

千葉県医師会の武田 元信(たけだ・もとのぶ)さんです!


今回のテーマは「肛門疾患」、いわゆる「痔」についてです。

なかなか人に相談しづらい話題ですが、

武田先生に詳しく教えていただきました。


お尻から出血して病院にいった場合、

多くの場合は肛門疾患で、薬で治せることも多いそうですよ。


ただ最近は大腸の病気が増えていて、

40歳以上の人が出血した時には、

大腸ガンの検査のため内視鏡検査が必要だということです。


なぜなら大腸ガンは、

女性では2004年以来死亡率のトップだそうです。


びっくりですよね。私はてっきり

女性は、子宮ガンや乳ガンの方が多いというイメージでした。

ちょっとでも違和感を感じたら病院を受診した方が良さそうですね。



最後に痔にならないために、心がけることもお聞きしました。

痔を予防するには お風呂でよく温める、お尻を清潔に保つ、

便秘、下痢に注意する、トイレで長い時間力まない、などだそうです。


参考にしてくださいね。


小林若菜♪
 

投稿者:キャスター | 投稿時間:14時37分

ページの一番上へ