2012年05月02日 (水)おかみさんたちの思い ☆長麻未☆


もうすぐ端午の節句ですね。

ことしも香取市の佐原地区では、5月13日(日)まで五月人形などを見て楽しむ
企画展「佐原五月人形めぐり」が開かれています。

各家々に伝わる古い五月人形やかぶとなどをそれぞれの家で展示していて、
訪れた人たちが街を散策しながら楽しむことができる企画展です。

きょうのFM「ひるどき情報ちば」の「情報プリズム」のコーナーでご紹介しました。

20120502_195331.jpg  20120502_195353.jpg

 

★企画展について、
 詳しくは、香取市商工観光課「佐原五月人形めぐり」のHPをご覧ください。

ラジオにご出演いただいた、
佐原おかみさん会・副会長の香取理恵さんの話では、

佐原地区は、日本地図を完成させた伊能忠敬の旧宅や
江戸時代に建てられた土蔵造りの建物、
そして明治時代に建てられた洋風のモダンな建物などがあるので、
まるで昔にタイムスリップしたような気分を楽しめる街だということです。

さらに、佐原地区の真ん中を「小野川」という川が流れていて、
この時期には、両岸に植えられた柳に新芽が芽吹き、
川風にそよそよとその新芽が揺らいで、しっとりとした風情があるということでした。

うーん。
私の故郷に近い、福岡県の柳川のような感じでしょうか・・・・?

また、佐原地区は、東日本大震災の被災地でもあります。
まだまだ復興の最中で、未だにシートが被せられた家や、
建築用の足場の組まれた家があるそうです。

香取さんは、

「ただ、下ばかりは見ていられないので、
『復興観光』として復興していく佐原の街をお客様にあえて見ていただこう
行政はじめ、商工会議所、観光協会、NPO、
町のみんな力を合わせて頑張っているところです。」


と力強い口調でお話して下さいました。

展示されている五月人形の中には、古くから伝わるものだけでなく、
震災の津波の被害を免れたものもあります。

20120502_195412.jpg 20120502_195435.jpg

みなさんに、それぞれの五月人形がもつ歴史や背景、
その家に展示されている経緯などと合わせて、
佐原に来ないと見られない、聞くことができない
そんな“佐原らしさ”を味わっていただきたいというのが、
企画展を主催した「佐原おかみさん会」の思いだということです。


お時間ありましたら、どうぞ、佐原の町へお出かけください♪


合わせて、あす3日(木)には、「佐原町並み交流館」で
佐原囃子の生演奏と体験教室もあるそうです。
お昼の1時からと2時からです。

★詳しくは、佐原おかみさん会『佐原まちぐるみ博物館』のHPをご覧下さい。

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:21時00分

ページの一番上へ