2013年03月04日 (月)松戸を守る!学生サークル『MAPS(マップス)』☆長 麻未


犯罪ゼロの安全安心なまちづくりを目指している松戸市に、
大学生が警察の防犯啓発活動などに協力するサークルが誕生しました!

 20130304_154717.jpg

名前は、「MAPS(マップス)」!!

「松戸(atsudo)」「エリア(rea)」「警察(olice)」「サポート(upport)」
それぞれの頭文字をとって、MAPSです!

20130304_155029.jpg

お揃いの青のジャンパーに、紺の帽子姿の彼らは流通経済大学の学生。
メンバーは14人で、去年の12月に発足したばかりの新しいサークルです。
 

 

去年の12月には、松戸警察署が行う年末の防犯活動やイベントなどでも活躍!

先月1日には、松戸市と松戸警察署と大学の3者で、活動を支援する覚書に調印し、
本格的に警察との防犯啓発活動が始まりました。

つまり市と松戸警察署公認のサークルとなったのです。 

きょうの「ひるどきトーク」では、
リーダーの水戸瞭さんと稲葉隼人さん
それに松戸警察署生活安全課の長嶋剛さんにお越しいただき、
サークル発足のきっかけや活動内容などをお話いただきました。

 20130304_154819.jpg

主に、高齢者の家々を回り、振り込め詐欺やひったくりなどに注意するよう
声をかけています。若さあふれる笑顔での応対が好感を持たれ
高齢者や主婦の方に人気が出てきているのだそうです。

トーク中の水戸さんと稲葉さんの表情から「いま自分たちも暮らす
松戸を守っていきたい!」という真摯な姿勢が伝わってきました。

松戸警察署の長嶋さんは、MAPSに対して、

「まだまだ、第一歩を踏み出したばかりではあるけれども、
今後は松戸市の防犯の新たな担い手として大いに活躍してほしい」

とおっしゃっていました。

詳しくは、後ほど、千葉放送局のHPにアップされる番組アーカイブスで
お聞きください。

 

写真撮影後の一コマ。

20130304_163938.jpg

笑顔も素敵ですね♪

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時50分

ページの一番上へ