2013年01月28日 (月)太陽の光で農家の未来も明るく☆長 麻未


これが、きょうのラジオでお伝えした「ソーラーシェアリング」です。

20130128_123858.jpg

農地の上に太陽光発電パネルを設置し、
作物が育つのに必要な分の光は作物を育てることに使い、
残りの光を使って発電するという仕組み「ソーラーシェアリング」

太陽の光が作物に届くよう、パネルの隙間を空けることがポイントです。

この「ソーラーシェアリング」の実証実験が市原市で行われています。

きょうの「ひるどきトーク」は、
農家の未来のために太陽光発電の研究をし、「ソーラーシェアリング」を考案した、
CHO技術研究所代表長島 彬さん(写真左)でした。

20130128_124029.jpg

長島さんは、およそ40年、農機具メーカーにお勤めだったので、
農家の方と接し、暮らしを見てきたそうです。

そこで、農家は収入が少ないことによる後継者不足という問題を
抱えていると感じられたそうです。

長島さんの考えでは、
もし、「ソーラーシェアリング」が広まれば、
本来の収入である作物の収入のほかに、
太陽光パネルで発電した電力を売って収入を増やせるのではないかと。

番組では、「ソーラーシェアリング」の利点や、
この技術が広まるために必要なことは何かなどを伺いました。

また、長島さんの素敵なところは、
この技術をメーカーに無償で公開しているということ。

そうすることで、
農家の方がこの方法を使うときに
「安くできるのでは?」「早く広まるのでは?」との考えです。

20130128_124122.jpg
(高さの見本にどうぞ。私は身長156センチです)

長島さんは、現在69歳。

私が長島さんと同じ年くらいになったときに、どう社会貢献できるか。
人生を考える機会にもなりました。

 

【余談】

きょうの「ひるどき情報ちば」では、「ひるどきトーク」に合わせて、
流す曲は太陽をテーマにお送りしたのですが・・・

今朝の私の自転車のサドル。

20130128_133806.jpg

きょうの千葉は雪でしたねぇ。
(まだまだ積もっているところもありますので、十分ご注意を)

番組が始まったころには、
青空も広がり、太陽が出てきていましたし、選曲としてはオーライですっ♪

 

 

 

 

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:16時35分

ページの一番上へ