2013年01月09日 (水)大学生を店長に ふれあいの場「けやきんち」☆長 麻未


千葉市稲毛区の千葉大学西千葉キャンパスの近くに
ふれあいの場を目的とした弁当販売店「けやきんち」があります。

20130109_150134.jpg

名前の通り「おうち」のような可愛らしいお店です。

お店を運営しているのは、地域の大学生と障害のある方々。
そして、店長は大学生なんです!

きょうの「ひるどきトーク」のゲストは、
弁当販売店の経営の管理をしている会社の
代表取締役 吉川 亮さんでした。

20130109_150725.jpg
(★注意:吉川さんは社会人です!)

吉川さんは、生まれも育ちも西千葉で、地元愛に溢れる方。

弁当販売店「けやきんち」を手がけるだけでなく、
地域のイベントなども企画し、西千葉のまちおこしを仕掛けています。

あわせて、若い人材、特に近くの千葉大学の学生を対象に
人材育成を目的とした活動もなさっています。

その活動の1つが、今回お話しいただいた、
地域の「ふれあいの場」にと考えた弁当販売店「けやきんち」です。

運営を大学生と障害のある方々に任せることで、
若者の人材育成と障者の就労の場が実現しました。

20130109_150519.jpg
(★店長である、千葉大学4年天川祥爾(あまがわ・しょうじ)さん。
 「ひるどきトーク」ではお電話でお話を伺いました。)

弁当販売店にしたのは、地域に若者も多いけど、高齢者も多いという現状から。

なかなか遠くへ買い物に行くことができない高齢者の方に、
生活にとって重要な「食」を届けたいという気持ちで取り組んでいます。

そのため販売する弁当は300円と手ごろな価格である上、
野菜もたっぷり使ったおがずが多いなどこだわりがあります。

オープンしたのは昨年2月。そろそろ2年目をむかえる「けやきんち」は、
正午過ぎにはお弁当が売り切れるほど地域の方に親しまれているようです。

 

地域の方に親しまれているといえば!

20130109_150433.jpg

壁には、店長である天川さんの似顔絵が貼られています。
お店の前を通る小学生から個人的にプレゼントされたものだそうです♪

また、近くの小学校の児童からは、
授業の一環で作ったという商品説明の札が届いたそうです。
 20130109_122845.jpg 20130109_122936.jpg

たくさんあるので、こうして日替わりで使われています。

 20130109_122907.jpg

なんだか地域の人ではない私も心が温かくなるようなお店でした。

 

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:16時50分

ページの一番上へ