2013年02月15日 (金)武術太極拳イベント「武音祭」盛り上がりました♪  ◇佐々木里佳◇


2月9日(土)、大田区民ホールで開催された武術太極拳のイベント「武音祭」に行ってきました。
武術太極拳といえば、FM「ひるどき情報」やNHK総合「こんにちはいっと6けん」の取材でも、大変お世話になった日本チャンピオンの市来崎大祐選手☆去年8月にベトナム・ホーチミンで行われたアジア選手権大会では銀メダルを獲得した選手です。

「武音祭」には、市来崎選手をはじめとした、日本トップ選手のみなさんが一同に集まりました。イベント終了後、日本トップ選手のみなさんにポーズを決めていただき、撮影した1枚です。佐藤直子選手、宮岡愛選手、中田光紀選手、ありがとうございます♪

 stamped_20130215_153158.jpg

 「武音祭」では・・・

バイオリン、琴、生け花とのコラボレーションした演武や、「1on1バトル」選手たちがトーナメント制で自由に演武しながら表現力を競い合うなど、とにかく様々なジャンルの武術太極拳を堪能することができました♪ 

このイベント、東日本大震災復興イベントということで、関係者やスタッフのみなさんが着ているTシャツの背中には「SASUKENE!」の文字。「さすけね」・・・ご存じですか?なじみがある!聞いたことある!という方もいらっしゃるのでは?NHK大河ドラマ“八重の桜”で聞いたことありますよね♪

stamped_20130215_153437.jpg

 「さすけね」とは、福島の方言で、“大丈夫だよ!差し支えないよ!”という意味なんです。
福島の会津地方出身の私にとっても、この「さすけね」は、小さいころからなじみの深い言葉です。「さすけね!」と聞くと、なんだかホッとするような安心感が生まれるんですよね♪ 

Tシャツの「SASUKENE」の文字に懐かしさを感じていたら、もっと驚きの懐かしい再会がありました!地元である喜多方市出身のみなさんが、日帰りバスツアーで「武音祭」を見に来ていました♪しかも、そのメンバーの中には、実家のご近所さんもいらっしゃるという偶然!NHK福島局時代にお世話になった喜多方市役所の方が引率されていたんです。本当に懐かしい再会でした♪

実は、喜多方市は「喜多方ラーメンのまち」だけでなく、「太極拳のまち」としても有名なんです。「太極拳」をラジオ体操の代わりに行ったり、介護予防のための運動に取り入れたりと市をあげて太極拳に力を入れています。喜多方市が「太極拳のまち」として町おこしを始めてことしで10周年を迎えるんです。そんな記念の年ということもあり、はるばる東京までいらっしゃったようでした。 

日本トップ選手たちの華麗で迫力ある演武や、バイオリン、琴、生け花とのコラボレーションをたっぷりと楽しむことができ、また、地元・喜多方の人たちにも会うことができて、とっても充実した「武音祭」でした。

武術太極拳はことし、世界選手権大会が行われます。その出場権をかけた全日本選手権大会は7月上旬に開催される予定です。

市川市在住の市来崎選手は、ことし7連覇をかけて挑みます!市来崎選手の今後、ますますの活躍に注目です♪

投稿者:キャスター | 投稿時間:19時00分

ページの一番上へ