2012年10月16日 (火)「アメフトの魅力」伝えたい  ◇佐々木里佳◇


きょうのFM「ひるどきトーク」。
ゲストは、アメリカンフットボール3年連続日本一を目指す、オービックシーガルズから、コーチの鈴木孝昌さん、副キャプテンのケビン・ジャクソンさんでした♪

stamped_20121016_180218.jpg                          【目指せ☆3連覇!の「3」のポーズで♪】

シーズン真っ最中のシーガルズですが、試合や練習の合間をぬって、地域密着のイベント活動、アメフトの魅力を伝える活動も積極的に行っているんです♪

今回はその一つ【きてきてアメフト先生】という取り組みについて伺いましたよ。

シーガルズは、習志野市にホームグラウンドを持ち、習志野市を拠点に活動しています。
ホームである習志野市を中心に、千葉県各地の小学校などを訪問してアメリカンフットボールの授業を行っているんです。それが【きてきてアメフト先生】。小学生にとっては、アメフトのボールをさわったこともないほど、あまり馴染みのないスポーツ!ボールの持ち方を教えるところから始まります。  

――――――どんな授業なのでしょう?

フラッグフットボールを通して、アメフトを分かりやすく教えているそうです。
フラッグフットボールは、アメフトと違って「タックル」がありません。「タックル」の変わりに、プレーヤーの腰の左右についたフラッグ(旗)をとるというプレーに置き換えています。(当初、タッチダウンになっていましたが、正しくはタックルです。お詫びして訂正します)

これまで3000人を超える子どもたちに、授業を行ってきたというシーガルズ。

1回目の授業で「できない!」なんて弱気だった小学生が、次の授業ではリーダーシップを発揮していたり、「できるようになったよ!」「楽しい!」という感想をくれたり、短期間でも子どもたちの成長ぶりをお話しながら、鈴木孝昌コーチもケビン・ジャクソンさんも目を細めて笑顔でお話くださいました。
 

―――――教えることで、改めて感じる「アメフトの魅力」について伺いました!

鈴木コーチ:「ポジションごとに役割分担がしっかり決まっているので、いろんな人のそれぞれの個性が生かされるスポーツ!」 

ケビン・ジャクソンさん:「仲間が大事!!そういうことを改めて教えてくれるスポーツ。仲間でコミュニケーションをはかってこそ、チームが一つになるところ。」
 

お話を伺っていて、アメフトって奥深―いスポーツなんだなぁとしみじみ感じた「ひるどきトーク」今後のシーガルズの試合観戦も、さらに注目する視点が増えました☆ 

みなさんも、今シーズンのシーガルズも目が離せませんよ!

来週の10月22日(月)に、セントラルリーグ内の1位を決める最終節が行われます。

ここまで4試合全勝のシーガルズの相手は、同じく4試合全勝の富士通フロンティア―ズ。

リーグ1位になるか、2位になるかで、その先のセカンドステージの対戦相手が変わり、試合展開にも影響してくる大切な1戦です。

会場は川崎市の等々力陸上競技場で、キックオフは19時です。

img-X16145310-0001.jpg


みなさん、見逃せない試合ですよーーー!

 

ことしも、千葉から日本一へ!!

がんばれオービックシーガルズ!!!

投稿者:キャスター | 投稿時間:20時00分

ページの一番上へ