2012年10月22日 (月)ギンナンが大変身!☆長麻未


可愛らしい人形たち♪

20121022_162342.jpg

20121022_163517.jpg

これらは主にギンナンを材料に作られたギンナン細工の作品なんです!

ギンナンの実の大きさをイメージしてみて下さい。
どのくらい小さいものかお分かりいただけると思います。

しかも、手や尻尾がゆらゆらと揺れる仕掛けもあるんですよ。
細部までこだわっていますよね。

このギンナン細工を作っているのが、流山市の天木誠司さん

 20121022_162226.jpg

きょうのラジオのコーナー「ひるどきトーク」に出演して下さいました。

定年退職後、ゴルフ以外に趣味がなかった天木さんは、はじめ絵を描きますが、
絵の上手い人は数え切れないほどいるからと、何か他の誰もやっていないことをやりたいと思い、ギンナン細工を作り始めたそうです。

「ギンナン細工だったら孫も喜んでくれるかな?」と思いも込めて・・・。

お孫さんが天木さんの作品を鍵付きの引出しに大切にしまっているという話を娘さんから聞き、それからどんどん創作意欲が沸いてきたのだそうです。

お孫さんだけでなく作品をプレゼントした近所の人たちからも喜ばれ、
今や地域のイベントや施設などから制作の依頼を受けるほどの腕前です。

 20121022_162140.jpg

天木さんは、1つの作品を作るのに、どんな構図がよいか、まずは作品の題材について歴史などを勉強するところから始まります。

例えば、流山にも関わりの深い新撰組だったら、その歴史を調べ、どの場面を作品として表現しようかと構想を練ります。構図ができたら制作開始!

ピンセットや小さなハサミを使うような繊細な作業が何時間何日も続き、完成。

時間はかかりますが、みなさんに「天木さんの作品は見ていると癒される」と喜ばれると、また次々に作品を作りたいと思われるのだそうです。

さらに、手先を使ったり構図を考えたりしますので、
天木さん曰く、「ボケ防止になる」と! 

そんな話を優しい笑顔で話して下さるんです。
作品にもその優しさや楽しさが表れていますよね。

 20121022_164913.jpg 20121022_164930.jpg

作品は流山市の利根運河交流館や、柏市の柏の葉公園などにも展示されています。

また、流山市の運河水辺公園で毎月第4土曜日に開かれている
「うんがいい!朝市」でも販売されています。

今月は、お休みということなので、次回は来月24日(土)の開催です。

一度実物をご覧になって癒されてみてはいかがでしょうか?

 

 

投稿者:キャスター | 投稿時間:17時20分

ページの一番上へ